国内最大級のカード決済システムで一時障害

9月5日土曜日に国内最大級のカード決済システムで一時障害が発生し、クレジットカードや電子マネー型の百貨店ギフトカード、中国人観光客が使う銀聯カードが利用出来なくなったり、決済に時間が掛かる事象が発生しました。

Yahoo!ニュース-朝日新聞デジタル-(2015/09/05 20:25)
国内最大級カード決済システムで一時障害 NTTデータ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000046-asahi-soci

引用記事

 スーパーなどの小売店とクレジットカード会社などを結ぶNTTデータのシステムに5日午後4時すぎ、障害が発生した。全国規模でカードの決済が遅れたり、できなくなったりしたという。障害は1時間半ほどで復旧した。

 障害が起きたのは、全国の小売店や飲食店などの店舗と、クレジットカード会社、金融機関を結ぶシステム。このシステムは、全国の小売店など約2千社のほか、国内のクレジットカード会社約120社、金融機関約1600拠点が利用しており、接続社数や取引量は国内最大規模という。NTTデータが、障害の原因や影響などを調査しているが、「少なくともサイバー攻撃ではないようだ」(広報)としている。

 東京の三越銀座店では5日夕、電子マネー型の百貨店ギフトカードや、中国人観光客が使う銀聯(ぎんれん)カードが一時使えなくなり、決済できなかった客の商品を取りおくなどして対応したという。

Yahoo!ニュース-ZUU online-(2015/09/05 19:23)
クレジットカードが全国で一時利用不能に、システム障害か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000009-zuuonline-bus_all&pos=2

引用記事

 9月5日夕方頃、全国各地で一時的に、一部のクレジットカードが利用できなくなったり、決済に時間がかかるなどの事態が発生した。

 NTTデータが運営するCAFIS(金融クレジット情報システム)に障害が発生し、全国規模で問題が起きていた模様。現在では同サイト上でシステムの「回復報」がアップされている。(※会員のみの閲覧)NTTデータのサイトによると、CAFISは国内最大のクレジットカード決済ネットワークで、利用社数・取引量ともに日本で最大とのこと。

 Twitter上でも「クレジットカードが使えない」「コールセンターもパンク中」と全国各地の店舗やショッピングモールなどでクレジットカードが利用できない状況が相次いで報告されている。

IT業界で働いている私にとって、システム障害は他人事ではありません。障害を起こさないような運用と、障害を起こした時の迅速な復旧手段の確保をしっかりしたいものです。

NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/ja/

  • an より:

    CAFISの障害、超高いクレジットカード端末と接続使用料、トラブル多発の脆弱なレガシーシステム、日本が海外に比べクレジットカードが普及しないのも、これに起因しているのだろう。まさにガラパゴス。

  • an様

    コメントありがとうございます。

    高額紙幣の偽札が多かったり、治安が悪くて現金を持ち歩くのが危険な海外と比べると、日本は現金信仰が強いと思います。

    また、加盟店側もクレジットカード会社に払う手数料を負担に感じて、店の前にクレジットカードのステッカーを貼って集客しているにもかかわらず、クレジットカードが使えなかったり、クレジットカードの利用は○○円以上からと制限を掛けたりする店もあります。

    利用者側、加盟店側、クレジットカード会社側それぞれの利益配分をしっかりする必要があると思います。

    クレジットカードシステム、ちょっとしたことで決済不能になるような脆弱さでは困ります。本当にしっかりして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.