ワイドバンドハンディーロッドアンテナ ダイヤモンド SRH789

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」での受信感度向上を目指して、2015年7月にダイヤモンド(第一電波工業)のワイドバンドハンディーロッドアンテナ「SRH789」を購入しました。「SRH789」は受信周波数に合わせて、伸び縮みさせて使うアンテナです。

時々、「DJ-X7」の付属アンテナと交換して使っていますが、受信感度が劇的に変わるほどでは無い感じがします。120MHz帯の航空無線(エアバンド)について言えば、付属アンテナでは電波を受信出来ずに静かだった「DJ-X7」が「SRH789」を付けると電波を受信するようになったりと、少なくとも付属アンテナよりは受信能力が高いようです。また、95-1100MHzの電波を受信する能力があると書いてありますが、周波数によって適切なアンテナの長さがあるので、オールマイティという訳にはいかないようです。

その他、気になる点では、小振りな「DJ-X7」に長く伸ばした「SRH789」はかなり目立ちます。そしてアンバランスです。「DJ-X7」に「SRH789」を装着し、最長に伸ばして「DJ-X7」を立てると、かなり姿勢が不安定で、グラグラと倒れそうになります。「DJ-X7」をしっかりと手に持つか、倒れないように固定するホルダーなどを用意した方が良いと思います。また、「DJ-X7」と「SRH789」の接合部の強度が少し不安なので、長く伸ばした状態で振り回したりしない方が良いと思います。

色々なアンテナを装着して、適切なアンテナを探したいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    2 × 3 =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.