アマチュア無線の非常通信周波数

アマチュア無線には非常通信で使用するための非常呼出周波数と言うものがあります。非常通信とは有線通信を利用することが出来ない時に人命救助、災害救援、交通通信の確保、秩序の維持のために行われる無線通信です。非常通信は電波法第五十二条によって規定されております。

電波法第五十二条

第五十二条  無線局は、免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項(特定地上基幹放送局については放送事項)の範囲を超えて運用してはならない。ただし、次に掲げる通信については、この限りでない。
一 遭難通信(船舶又は航空機が重大かつ急迫の危険に陥つた場合に遭難信号を前置する方法その他総務省令で定める方法により行う無線通信をいう。以下同じ。)
二 緊急通信(船舶又は航空機が重大かつ急迫の危険に陥るおそれがある場合その他緊急の事態が発生した場合に緊急信号を前置する方法その他総務省令で定める方法により行う無線通信をいう。以下同じ。)
三 安全通信(船舶又は航空機の航行に対する重大な危険を予防するために安全信号を前置する方法その他総務省令で定める方法により行う無線通信をいう。以下同じ。)
四 非常通信(地震、台風、洪水、津波、雪害、火災、暴動その他非常の事態が発生し、又は発生するおそれがある場合において、有線通信を利用することができないか又はこれを利用することが著しく困難であるときに人命の救助、災害の救援、交通通信の確保又は秩序の維持のために行われる無線通信をいう。以下同じ。)
五 放送の受信
六 その他総務省令で定める通信

この非常通信周波数を受信することにより、世の中で非常事態が発生している状況を把握することが出来る可能性があります。そして自分自身が非常事態に遭遇した時に、無線機を使ってこの非常通信周波数を呼び出して救援を求めることも可能です。但し、非常通信であっても無線従事者免許(従免)と無線局免許(局免)は必要です。アマチュア無線の非常通信周波数は以下の通りです。

【4630KHz帯】4630KHz(CW:モールス通信専用)

【3.5MHz帯】3525±5kHz

【7MHz帯】7030±5kHz

【14MHz帯】14100±10kHz

【21MHz帯】21200±10kHz

【28MHz帯】28200±10kHz

【50MHz帯】50.10MHz、51.00MHz(呼出周波数兼用)、51.50MHz

【144MHz帯】144.10MHz、145.00MHz(呼出周波数兼用)、145.50MHz

【430MHz帯】430.10MHz、433.00MHz(呼出周波数兼用)、433.50MHz

【1200MHz帯】1294.00MHz、1295.00MHz(呼出周波数兼用)

なお、4630KHz(CW:モールス通信専用)は非常通信連絡設定専用で、警察庁、自衛隊、海上保安庁等の行政機関と直接交信が可能とのことです。また、呼出周波数と兼用になっている周波数は、非常通信であっても、呼び出し後は別の交信周波数に周波数を変更して交信する必要があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    five × 1 =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.