短波放送の受信にはSSB対応の受信機が必要!

最近、ALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」を使って短波放送の受信を楽しんでおります。時々、受信機をALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X81」に替えて短波放送の受信をするのですが、「DJ-X81」では受信出来る短波放送が極端に少ないことに気付きました。最初はALINCOのハンディ広帯域受信機のハイエンド機「DJ-X11」とミドルレンジ機「DJ-X81」の性能の違いかと思っていたのですが、あまりにも受信出来る短波放送が違いすぎるのでちょっと調べてみると、気がかりな記事が見つかりました。

ラジオNIKKEI 開局60周年特設サイト
http://www.radionikkei.jp/60th/date/20140908/

引用記事

1970年代になると、中波や短波で放送をしたいと考える国が世界中でたくさんでてきました。そのためには、限られた周波数を有効利用する必要があります。つまり、ゆずりあい=詰めあって「イス」を多く作りましょう、というものです。

中波では、それまで10kHzごとにイスを並べていたのを9kHzごとにちょっと狭くして、少しでも多くの局が放送できるようにしました。

また短波では、SSBという従来の半分の周波数帯域で放送する新たな別の方式にすることで対応しましょうと、1979(昭和54)年秋に世界無線主管庁会議(WARK)で確認され、8年後(1987年)に開催された同じ会議で、それを2015年までに全面移行しましょうと提議されました。

中波の場合は、狭くするだけで放送方式は変わらないので特段の問題にはなりませんでしたが(夜間に混信が増えやすくなったというのはあるにしても)、短波の場合は実は大問題だったのです。それは、SSBというのは従来とは異なる別の放送方式だったためです。アマチュア無線などでは使われてきましたが、これを放送にも使おうということになりました。

このSSBはいわゆる普通のラジオではちゃんとした音にならず、それに対応したラジオが新たに必要になるのです(つまりは買い替え。SSB対応機は除く)。ただ、世界的な会議で決まったのですから、それに従わざるをえません。もちろん送信機側の対応も必要です。当社ではこれを通称「2015年問題」と呼んでいました。

どうやら最近の短波放送は単にAMに対応しているだけではなく、SSBにも対応していないと受信出来ないようです。そう言えば、「DJ-X11」はAM、FM、WFM、SSB、CWに対応しておりますが、「DJ-X81」はAM、FM、WFMにしか対応しておりません。そのため、「DJ-X81」では短波放送の受信が極端に少なくなっている可能性があります。

短波放送の受信にはSSBに対応した受信機が必要です!

受信機を購入する時には注意しましょう。

とは言え、不思議なことに、「DJ-X11」で電波形式をオートモードにして短波放送を受信中、画面に表示されている電波形式は「AM」で、手動で電波形式を「LSB」や「USB」の「SSB」に変更すると、放送が聞こえなくなります。理由はこれから調べてみようと思います。

<代表の独り言>
DJ-X81」は短波放送の受信以外では良い受信機だと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 − 10 =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.