DJ-X81で緊急警報放送(EWS)の試験放送受信

緊急警報放送(EWS:Emergency Warning System)とは、緊急警報信号を使用して、待機状態にあるテレビやラジオなどの受信機のスイッチを自動的にオンにして行われる放送です。地震など大規模災害が発生した場合や、津波警報が発表された場合などに放送されます。

私が保有しているALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X81」は、このEWSの受信機能を持っております(EWS受信設定はNHK-FMの周波数を設定するようになっている)。EWSの受信機能はON/OFFすることができますが、EWSをONにするとEWS受信待機状態になり、電源OFF状態でもEWS受信で自動的に電源が入ってNHK-FMの受信を開始しますが、待機電力を消費するので、バッテリーの持ちがかなり悪くなります。EWSをOFFにするとバッテリーの持ちはかなり良くなります。しかし東日本大震災のことを思い出すと、万が一に備えておいた方が良いと考え、私はEWSをONにしています。幸いにも、今までEWSのお世話になるような事態は発生しておりません。しかしそうなると、このEWS、ちゃんと機能するのか? という疑問も出てきます。実はそれを確認できることが、毎月1回あります。

NHKおよび民放各局では、月1回程度、緊急警報放送の試験信号放送をしています。NHKの場合、毎月1日(1月のみ4日)の11:59-12:00に総合テレビ、ラジオ第1、FM放送で緊急警報放送の試験信号放送をしています。実は今までタイミングが合わなくて、試験信号放送受信による「DJ-X81」のEWSの作動を一度も見たことがなかったのですが、本日4月1日はちょうど土曜日で休みだったので、EWSの作動を確認することが出来ました。「DJ-X81」は電源OFF状態からEWS試験信号放送受信して自動的に電源が入り、LEDが黄色に点灯し、画面に、「TEST」という文字と、設定してあるNHK-FMの周波数が交互に繰り返し表示されました。なお、試験放送による動作確認なので音は一切出ませんでした。これが本番の放送だった場合には、電源OFF状態からEWS信号放送受信して自動的に電源が入り、LEDが白色に点滅し、警報音が鳴り響き、設定してあるNHK-FMの放送受信を開始することになります。

今回は初めて緊急警報放送の試験信号放送を受信して「DJ-X81」のEWSの作動を見ましたが、これはなかなか使える機能だと思います。地震、津波、台風など自然災害の多い日本では、非常に有用だと思います。ですので、緊急警報放送対応の受信機を持っている人は、放送局の試験放送日(NHKは毎月1日)に、緊急警報放送の試験信号放送を受信してEWSが作動するか確認しましょう

なお、「DJ-X81」のEWSをONにしているとバッテリーをかなり消費しますが、「DJ-X81」は付属のバッテリーだけでなく、アルカリ単三乾電池でも駆動するので、乾電池さえ確保しておけば、災害による停電時に力を発揮すると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    two + six =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.