120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ ダイヤモンド D103

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」、「DJ-X81」、「DJ-X11」での受信感度向上を目指して、ダイヤモンド(第一電波工業)の120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」を購入しました。

受信を始めた当初は、1本のアンテナで何でも受信出来る広帯域受信用アンテナがあればよいと思っており、AORの広帯域受信用モービルアンテナMA500を愛用しておりましたが、最近、ApexRadioの長中短波受信用アンテナ303WA-2で専用アンテナの効果を実感したので、エアバンド専用アンテナを購入してみました。「D103」のアンテナの長さは1.3m。303WA-2より短く、MA500より長い感じです。303WA-2は夜間の短波放送受信にしか使っていないので、昼間、アンテナを「D103」に交換し、2台の受信機でエアバンドの受信をしてみました。受信した結果は以下の通り。

<DJ-X11+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。

・128.8MHzの羽田ATIS
→受信ランプは点灯するものの音声は不明。

<DJ-X81+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。しかしDJ-X11でかろうじて受信出来る微弱な電波になると受信不可。

・128.8MHzの羽田ATIS
→雑音は入るものの、音声が聞き取れるレベルで受信可能。

また、私はダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器SS500を2つ使って2本のアンテナを集約し、それを2台の受信機に分配しているので、もう1本のアンテナであるAOR MA500を取り外してみると、DJ-X81でも羽田ATISの音声が聞こえなくなりました。よって、「D103」によるエアバンド受信感度向上は間違いないと言えるでしょう。

特定周波数に合わせた専用アンテナの効果をまたしても実感しました。聴きたい無線の周波数が決まっているのならば、目的の周波数に合わせた専用アンテナが一番効果的だと改めて実感しました。

ところで、上記のように同じアンテナでもDJ-X11とDJ-X81で受信感度が異っております。DJ-X11はALINCOのハンディ広帯域受信機の最上位モデルであり、DJ-X81よりも受信感度が良いものだと思っていたので、意外な結果でした。そこで調べてみると、DJ-X11はAGC(Automatic Gain Control)という機能が無効化されているため、AM音声の受信が聞き取りづらいという情報がありました。これは、ACARS(Aircraft Communications Addressing and Reporting System、エーカーズ)というエアバンドを受信して航空機の位置情報などを表示するPCソフトウェアがあり、このACARSの地図上に航空機の位置情報を表示するためには、受信機で受信した情報を解析(デコード)する必要があり、その解析率を上げるためにAGCを無効化しているそうです。そのため、ACARSは使わないが、エアバンドの音声をより受信したいというユーザーの要望に応じて、ALINCOではDJ-X11のAGCを有効化してAM音声を聞き取り易くし、周波数メモリーをエアバンド関連で網羅したエアバンド仕様の「DJ-X11A」という機種も販売しているそうです(ACARS用プロットデータの解析率は30%ほど劣るとのこと)。また、ALINCOにてDJ-X11をDJ-X11Aに改造するサービスも行っているそうです(有料)。DJ-X11をDJ-X11Aに有料で改造して貰うか、DJ-X11Aを追加購入するか、悩むところです。

<代表の独り言>
D103」はアンテナ単体なので、別途基台が必要です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    nineteen − 7 =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.