アンテナ4本近接設置受信テスト(結果)

機材が揃ったので、先日予告した通り、アンテナ4本を近接設置した状態での受信テストを実施しました。テストに至る経緯については以下の記事をご覧下さい。

アンテナ4本近接設置受信テスト(予定)
http://united-monarch.biz/wordpress/archives/4088

複数アンテナ設置時の干渉について
http://united-monarch.biz/wordpress/archives/3964

設置したアンテナは以下の通りです。

●ApexRadio
 長中短波用受信アンテナ「303WA-2」
 周波数帯:30kHz-30MHz
 アンテナ全長:1.8m

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 144/430MHz帯高利得2バンドモービルアンテナ「SG7900」
 周波数帯:144/430MHz
 アンテナ全長:1.58m

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」
 周波数帯:120/300MHz
 アンテナ全長:1.3m

●AOR
 広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」
 周波数帯:25-1300MHz
 アンテナ全長:0.7m

これらのアンテナを約30cmの間隔で近接設置し、ダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」を複数使って1本の同軸ケーブルに集約し、2台の受信機「DJ-X11A」と「DJ-X11」に分配して受信を行いました。アンテナはベランダの壁面に以下ように設置しました。

----------外側(東)----------
北←  303WA-2  SG7900  D103  MA500  →南
----------内側------------
長い←-----アンテナの長さ-------→短い

結果から言うと、特に干渉はなく、ほぼ全周波数帯の受信が出来ました(聞こえるレベルは様々ですが)。各周波数帯別の受信結果の詳細は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 3.945MHzのラジオNIKKEI 第2放送:良く聞こえました。
 6.055MHzのラジオNIKKEI 第1放送:良く聞こえました。
 9.645MHzの朝鮮の声放送(北朝鮮):良く聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 良く聞こえました。

・150MHz帯国際VHF
 良く聞こえました。

・アマチュアバンド
 3.5MHz帯:少し聞こえました。
 7MHz帯:少し聞こえました。
 10MHz帯:少し聞こえました。
 14MHz帯:少し聞こえました。
 18MHz帯:少し聞こえました。
 28MHz帯:少し聞こえました。
 144MHz帯:良く聞こえました。
 430MHz帯:良く聞こえました。

・465MHz帯アナログ簡易無線
 聞こえました。

アマチュアバンドについては、144/430MHz帯以外は今まで受信したこともなかったので、過去の受信状況は比較出来ませんが、取り敢えず受信可能なことが分かりました。上記受信結果に書いていない135kHz帯、475kHz帯、1.8/1.9MHz帯、3.8MHz帯、21MHz帯、1200MHz帯のアマチュアバンドについては、受信テストの時にたまたま交信がなかっただけで、もしかすると受信出来るかもしれません。

あと、国際VHF(船舶無線)については、以前はごく稀にしか受信出来ませんでしたが、今回のアンテナ4本設置により、120MHz帯エアバンド並に受信可能になりました。これについては、他のアンテナ構成を試していないので何とも言えませんが、東側に面したベランダに4本、南北方向にアンテナを立てたので、指向性が強化されて、東京都台東区の我が家から南に位置する東京湾方面の電波が入りやすくなった可能性があります。今後要検証です。

今回のテスト結果から、以下のことが言えると思います。

異なる周波数帯を受信するアンテナを近接設置し、受信用分配器/混合器で集約/分配、複数の受信機で受信する場合は干渉しない。

なお、アンテナの並び順による受信状態の違いや、受信用分配器/混合器で集約/分配せずに複数の受信機に直結して受信するケースについては今後の検証課題になります。あと、私はまだアマチュア無線の免許を持っていないので受信機で受信のみ行っておりますが、送信をする場合どうなるかについても免許取得後の検証課題となります。

取り敢えず、これでアンテナを交換することなく、短波放送、AMラジオ放送、FMラジオ放送、エアバンド、国際VHF、アマチュアバンドが楽しめるようになりました。これからもよりよい受信環境を目指して、色々検証してみたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ten − seven =

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.