【企画番号:20160706-001】ハイブリッド車および電気自動車向け対歩行者用静音警音器

<企画番号>
20160706-001

<企画名>
ハイブリッド車および電気自動車向け対歩行者用静音警音器

<概要>
ここ数年増加しているハイブリッド車と電気自動車。通常のガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車の場合、エンジン音で歩行者に自動車の接近を気付いて貰えますが、ハイブリッド車や電気自動車はエンジン音がほとんどないため、歩行者に自動車の接近が気付かれにくい状況になっております。とは言え、自動車の接近を気付かせるために警音器(警笛、クラクション)を鳴らすと非常に大きな音がする他、使い方によっては道路交通法違反や、思わぬトラブルに発展する可能性があります。そこで、通常の警音器に加えて、音の穏やかな対歩行者用の静音警音器を追加で装備することにより、歩行者へ自動車の接近を穏やかに気付かせることが出来ます。

<企画提案対象>
1.自動車メーカー
2.自動車部品メーカー

<収益化方法>
1.自動車メーカー
・新車販売時に純正オプションとして収益化を図る。

2.自動車部品メーカー
・未装備車への後付けオプションとして収益化を図る。

<セールスポイント>
歩行者に対して威圧的ではない、穏やかな音で自動車の接近を気付かせることにより、事故と警音器使用に伴うトラブルを防止し、スムーズで平和的な交通を実現します。特に生活道路で効果的であると考えられます。また、ハイブリッド車や電気自動車だけではなく、既存のガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車に取り付けることにより、同様の効果が得られます。

<リスク>
警音器(クラクション)の仕様は道路運送車両法、使用方法は道路交通法にて定められているので、現状、本提案は違法な物となります。そのため、本提案を実現する前に、道路運送車両法に定める警音器の仕様と道路交通法に定める警音器の使用方法を変更するように所轄官庁または政治家に働きかける必要があります。

<必要資金>
---万円程度(大まかな見積金額)

<既存サービス存在有無>

<企画売買状況>
販売中

<企画事業者>
ユナイテッドモナーク

<企画担当者>
本山秀男

本企画の著作権はユナイテッドモナークに属しております。本企画の事業化に興味がある方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。また、企画の販売も行っておりますので、本Webサイトに掲載している企画を買い取りしたい方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。

ユナイテッドモナーク お問い合せ
http://united-monarch.biz/info.html

【企画番号:20160125-001】食中毒補償保険

<企画番号>
20160125-001

<企画名>
食中毒補償保険

<概要>
飲食店にて飲食し、その飲食代金をクレジットカードで決済した場合、食中毒に中った時に、クレジットカードホルダーに対してその飲食料金の返金またはクレジットカード利用代金の請求取り下げと、お見舞い金を支払う。飲食に同伴者がいる場合は、同伴者に対してお見舞い金を支払う。お見舞い金の金額は1人あたり一律10万円。保険の適用には医師の診断書が必要であることとする。

<企画提案対象>
1.クレジットカード会社
2.損害保険会社
3.生命保険会社

<収益化方法>
1.クレジットカード会社
・食中毒補償保険に価値を見いだすクレジットカードホルダー増加による年会費収入増加およびクレジットカード決済増加による手数料収入増加で収益化を図る。

2.損害保険会社または生命保険会社
・本保険を商品化し、クレジットカード会社に導入して貰い、保険料収入で収益化を図る。
・本保険を商品化し、保険料収入で収益化を図る。

<セールスポイント>
生命保険会社の医療保険の対象かもしれませんが、クレジットカード、特にゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどのプレミアムカード向けの付帯保険としてご提案します。旅行中ではない、日常の飲食でも補償するところがポイントです。

<リスク>
時々、牡蠣による食中毒や、生肉による食中毒、O-157、ノロウイルスの流行が世間を騒がせますが、現在の日本の飲食店における食中毒の発生は少ないと考えられ、補償費用増大のリスクは少ないと考えます。また、サービス対象をゴールドカード以上のクレジットカードにすることにより、食材の品質管理や厨房の衛生管理の行き届いた高価格帯の飲食店での利用が見込まれ、補償費用増大のリスクを低減出来ます。それに加え、保険約款に故意に生肉などを食べた場合は補償しない旨を記載しておけば、よりリスクを減らすことが出来ると考えられます。更に、万が一食中毒が発生してクレジットカードホルダーへの補償が発生した場合には、クレジットカード会社は該当の飲食店からの売り上げ請求に対して支払いを拒否し、場合によっては損害賠償請求することを加盟店との契約に盛り込んでおけばリスクはほとんど無いと言えるでしょう。

<必要資金>
---万円程度(大まかな見積金額)

<既存サービス存在有無>

<企画売買状況>
販売中

<企画事業者>
ユナイテッドモナーク

<企画担当者>
本山秀男

本企画の著作権はユナイテッドモナークに属しております。本企画の事業化に興味がある方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。また、企画の販売も行っておりますので、本Webサイトに掲載している企画を買い取りしたい方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。

ユナイテッドモナーク お問い合せ
http://united-monarch.biz/info.html

「ビジネスモデル」カテゴリ新設

この度、本ブログ「ユナイテッドモナーク(ブログ版)」に「ビジネスモデル」カテゴリを新設しました。「ビジネスモデル」カテゴリでは、ITに関係するかどうかに関わらず、あったらいいなと思うサービスなどを企画として掲載します。

企画は、実現可能なものから夢物語的なものまで、幅広く掲載する予定です。ただ、私のリサーチ不足で、既に世の中に存在するビジネスモデルもあるかもしれません。とにかく、アイデアを思いついたら企画として掲載したいと思います。

掲載した企画に興味を持ち、事業化をお考えの方がいましたら、是非ご相談下さい。企画の販売も致します。コメント欄でのディスカッションも歓迎です。

今後ともユナイテッドモナークを宜しくお願い致します。