アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション受領(続報)

先ほど、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションを受領したことを書きましたが、申込書を記入しつつ、確認したいことがあったので、アメリカン・エキスプレスのゴールド・カード・デスクに電話をしました。確認事項は以下の通りです。

1.公共料金の支払い
電気、ガス、水道、電話、携帯電話などの公共料金の支払いは、新たな手続きなくそのままプラチナ・カードへ移行出来るそうです。ただし、インターネットサービスなどについては、暫くはそのまま使えるけど、プラチナ・カードへの切り替え手続きが必要とのこと。

2.ETCカード
現在のカードがそのまま使えるとのこと。

3.AMEX QUICPay
現在の設定がそのまま使えるとのこと。

4.JR東海プラスEXサービス
新たに申し込む必要があるとのこと。

5.プライオリティ・パス
現在のゴールド・カード付帯のカードはスタンダード会員(AMEX特典で年2回まで無料で利用可能)で、プラチナ・カード付帯のカードはプレステージ会員なので、新たに申し込む必要があるとのこと。なお、スタンダード会員のカードはプライオリティ・パスに対して解約手続きをする必要はなく、破棄すれば良いとのこと。

6.家族カード
新たに申し込む必要があるとのこと。本人カードと同時に家族カードも申し込むことが出来るが、先に本人カードを送付して受領が確認出来てから、家族カードを発送するとのこと。

7.メンバーシップ・リワード・ポイント
引き継がれるとのこと(当然ですが)。また、複数カードのポイント合算設定もそのまま引き継がれるとのこと(ANAなどの提携カードを除く)。

8月中旬に帰省、9月中旬に海外旅行を控えており、これから申込書を投函するが、出来るだけ早く審査をお願いしたい旨を伝えたところ、担当の方が、申込書だと時間が掛かるので、この電話で申し込みを受け付けますと言ってくれました。そのため、申込書の送付は不要となりました。ありがたいことです。とは言え、審査があるのでどうなるか分かりません。担当の方には、期待して待っていますと言って電話を切りました(笑)。

アメリカン・エキスプレス・カードのデスクの対応は本当に良くやってくれます。いつも助かります。あとは結果を待つのみです。プラチナ・カードの申し込み、吉と出るか、凶と出るか・・・。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

JCB一般カード導入

JCB一般カードを導入しました。
申し込みからカード受領までの流れは以下の通り。

5月23日火曜日 JCBゴールドカードをWebサイトから申し込み
5月25日木曜日 JCBゴールドカード否決、JCB一般カード発行のメール受領
5月31日水曜日 ヤマト運輸のセキュリティパックでカード受領

以前記事に書いた通り、JCBゴールドカードを申し込んだものの否決され、JCB一般カードの発行となりました。1ヶ月間にdカード GOLD、Amazon MasterCard ゴールド、三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)と4枚のクレジットカードを作成した状態でJCBゴールドカードを申し込んだので、仕方がないと言えるかもしれません。

届いたJCB一般カードを見ると、カード表面の色は銀色と言うより、薄い金色っぽい銀色、薄いシャンパンゴールドと言った感じです。ですので、他のゴールカードと一緒に財布に入れていても、全く違和感がありません。あと、カード裏面の磁気ストライプはホログラムになっています。この辺はさすがJCBと言ったところでしょうか。限度額は20万円と渋め。これから信用を積み重ねて、限度額のアップと、JCBゴールドカードへのアップグレードを狙いたいと思います。

JCBカード
http://www.jcb.co.jp/

JCBゴールドカード審査否決(JCB一般カード合格)

今月は、dカード GOLD、Amazon MasterCard ゴールド、三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)と、合計4枚のゴールドカードの取得に成功しました。これで私の手元には、AMEX(アメリカン・エキスプレス)、VISA、MasterCardのゴールドカードが揃ったことになります。一方、JCBについては、楽天プレミアムカードはJCBブランドで作りましたが、これはJCBオリジナルシリーズのゴールドカードとは言えず、ちばぎんスーパーカード<デビット>ゴールドはJCBオリジナルシリーズのゴールドカード扱いではありますが、クレジットカードではなく、銀行口座にお金が入っていないと使えないデビットカードです。そこでクレジットカードのJCBゴールドカードを取得すべく、5月23日火曜日夜にJCBカード公式Webサイトから申し込みを行いました。

JCBゴールドカードの申し込みは過去3年で3回行っており、結果はいずれも否決で、申し込み当日に以下のような否決メールが届いておりました。

入会審査結果メール内容(一部伏せ字)

** ** 様

このたびは「 【OS】JCBゴールド 」にお申し込みくださり誠にありがとうございます。
ご入会手続きの結果、誠に申し訳ありませんが、今回はご意向に沿えないこととなりました。
何とぞご了承賜りますようお願い申しあげます。
なお、本メールと重ねてのご案内となり誠に申し訳ありませんが、
別途、判定結果のご案内書面を発送いたします。

しかし今回は、申し込み翌日になっても審査結果メールが届かず、判定状況確認Web画面でも審査中になっており、これはひょっとして合格するかなと期待しておりました。そして本日5月25日木曜日、ついに審査結果メールが届きました!

入会審査結果メール内容(一部伏せ字)

** ** 様

このたびは「【OS】JCBゴールド」にお申し込みくださり、誠にありがとうございます。

お申し込みされた「【OS】JCBゴールド」のご入会手続きをすすめた結果、
誠に申し訳ありませんが、今回はご意向に沿えないこととなりました。
何とぞご了承賜りますようお願い申しあげます。
つきましては、お申し込み時のご案内どおり、「【OS】JCBカード」の発送の準備をしておりますので、
カードのお届けまでいましばらくお時間をくださいますようお願い申しあげます。

と言う訳で、JCBゴールドカードの審査は否決されてしまいました。その代わり、JCB一般カードは発行してくれるとのことです。もしかすると、ここ1ヶ月で4枚も新しいゴールドカードを作成したため、クレジットカード申し込み履歴上、いわゆる多重申し込み状態になり、審査が慎重になったのかもしれません。とは言え、JCB一般カードは発行してくれるので、実績を積んだ上で、JCBゴールドカードへのアップグレードを狙うことにします。

JCBカード
http://www.jcb.co.jp/

<代表の独り言>
調子に乗りすぎました・・・。

WordPressの手動バージョンアップとプラグイン消失障害

2014年1月4日の夜、昨年末からWordPressの管理画面に「WordPress 4.4」が利用可能と表示されていたので手動で日本語版の「WordPress 4.4-ja」にバージョンアップしました。バージョンアップは上手くいき、

メッセージ

データベースの更新が必要です

WordPress が更新されました。ご利用いただく前に、データベースを最新バージョンに更新する必要があります。

データベースの更新処理には少し時間がかかるかもしれません。しばらくお待ちください。

と表示され、処理を続行すると、

メッセージ

更新完了

WordPress のデータベースの更新に成功しました !

と表示されて、無事にバージョンアップは終わったと思っていたところ、過去にも発生したプラグイン消失障害が発生しました。インストール済みプラグインを表示しようとすると、

メッセージ

プラグイン admin-renamer-extended/admin_renamer.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン all-in-one-seo-pack/all_in_one_seo_pack.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン all-in-one-wp-security-and-firewall/wp-security.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン anti-spam/anti-spam.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン google-sitemap-generator/sitemap.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン login-alert/login-alert.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン post-duplicator/m4c-postduplicator.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン pushpress/pushpress.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン simple-page-ordering/simple-page-ordering.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン taxonomy-terms-order/taxonomy-terms-order.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン wp-ban/wp-ban.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン wp-multibyte-patch/wp-multibyte-patch.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

プラグイン yet-another-related-posts-plugin/yarpp.php はエラーにより停止しました。エラー: このプラグインには有効なヘッダーがありません。

のメッセージ。もう一度表示しようとすると、

メッセージ

現在利用可能なプラグインはないようです。

と更に無情なメッセージが表示されました。仕方が無いので、前回と同じように、FTPで接続してから全プラグインのディレクトリを削除して、プラグインの再インストールを行い、復旧させました。

WordPressのバージョンアップには注意が必要です。出来るだけデータベースのバックアップを取得したり、データのエクスポートを取得したり、インストール済みプラグイン一覧をメモしてからバージョンアップに臨みましょう!

WordPressの手動更新でトラブル(20150825)

8月25日の夜、WordPressの管理画面にログインしたところ、「WordPress 4.3」が利用可能と表示されていたので手動でアップグレードしました。しかも、日本語版の「WordPress 4.3-ja」が利用可能だったのでそれにアップグレードしたところ、エラーが表示されてそれ以上何も出来なくなってしまいました!

エラーメッセージによると、インストールしてあるプラグイン「WP-Ban 1.65」の言語設定関係でアップグレード後のWordPressサイトの表示に失敗しているようです。仕方が無いので、一か八かFFFTPでWordPressサイトに接続してプラグイン「WP-Ban 1.65」を手動で削除したところ、無事にWordPressブログ画面とWordPress管理画面が表示出来るようになりました!

その後、念のためもう一度「WordPress 4.3-ja」へのアップグレードを手動実行し、改めてプラグイン「WP-Ban 1.66」をインストールしたところ、無事に機能するようになりました。ついでに他のプラグインもアップグレードしておきました。

かなり肝を冷やしました。