広帯域受信用ワイヤーアンテナ(メーカー不明)

最近は受信に必要なアンテナも各周波数帯でだいぶ揃ってきました。もうアンテナはこれ以上いらないかなと思っていましたが、Amazonでメーカー不明の「広帯域受信用ワイヤーアンテナ」を見つけました。大まかなスペックは以下の通りです。

【受信周波数帯】25-1300MHz
【長さ】3m(アンテナ部分は60cm)
【接栓】BNC型

このワイヤーアンテナは、太さ3mm、長さ3mの同軸ケーブルの先端60cmだけ保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、絶縁体(ポリエチレン)に包まれた内部導体(銅線)を出したものです。片側はBNC接栓になっています。一応、窓に貼り付けられるように、吸盤が2個付いていましたが、これは外しました。ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのアンテナを接続して、ベランダでワイヤーアンテナを垂らしたり、手に持って色々な方向に向けて、色々な周波数を受信した結果は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 方向が合えば聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 方向が合えば聞こえました(128.8MHzの羽田ATISも)。

・150MHz帯国際VHF
 方向が合えば聞こえました。

・アマチュアバンド
 交信がなかったのか確認出来ず。

こんな変なアンテナ(?)で受信出来るのかと思いましたが、予想以上に受信出来ました。ただ、若干の指向性があります。そのため、方向が合えば受信出来ますが、方向が合わないと受信出来ません。あと、今は60cmしかアンテナ部分がありませんが、同軸ケーブル全体の保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、3m全てをワイヤーアンテナ化してみようと計画中です。3mのワイヤーアンテナを別の同軸ケーブルを経由して受信機に接続し、ベランダから垂らしたり、ポールに結びつけて設置し、受信感度がどのように変化するか実験予定です。3mのワイヤーアンテナを作るため、現在、同じワイヤーアンテナをもう1本注文しております。到着が楽しみです。

<代表の独り言>
ただの同軸ケーブルを剥くだけでアンテナになるんですね!

高感度新ダイポール型アンテナ ITAX RTS-858

最近は受信に必要なアンテナも各周波数帯でだいぶ揃ってきました。もうアンテナはこれ以上いらないかなと思っていましたが、楽天市場で「高感度新ダイポール型アンテナ ITAX RTS-858」というアンテナを見つけました。ITAX(アイタックス)という会社の製品のようです。大まかなスペックは以下の通りです。

【受信周波数帯】76-900MHz
【エレメント長】13cm-46cm
【接栓】BNC型

このダイポール型アンテナはハンディサイズで、全長15cm位の直方体のアンテナベース左右に2本エレメント(ロッドアンテナ)が付いており、アンテナベース下部に同軸ケーブルを接続するためのBNCコネクタが付いているものです。アンテナベース上部にはぶら下げるためのフックが付いています。エレメントは伸ばしたり、角度を変えたり出来るので、V字型、逆V字型、そして水平にすることが出来ます。ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのアンテナを接続して、ベランダでアンテナベースを手に持って色々な方向に向けて、色々な周波数を受信した結果は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 方向が合えば聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 方向が合えば聞こえました(128.8MHzの羽田ATISも)。

・150MHz帯国際VHF
 方向が合えば聞こえました。

・アマチュアバンド
 方向が合えば少し聞こえました。

基本的にアンテナをV字型にして使いましたが、垂直に立てるよりも、水平に寝かせた方が受信感度が良くなる感じです。あと、かなり指向性があります。そのため、方向が合えばかなり高感度で受信出来ますが、方向が合わないと全く受信出来ません。こういう指向性の強いアンテナはフォックスハンティングや盗聴器の発見に威力を発揮しそうです。面白いアンテナです。

アンテナ4本近接設置受信テスト(結果)

機材が揃ったので、先日予告した通り、アンテナ4本を近接設置した状態での受信テストを実施しました。テストに至る経緯については以下の記事をご覧下さい。

アンテナ4本近接設置受信テスト(予定)
http://united-monarch.biz/wordpress/archives/4088

複数アンテナ設置時の干渉について
http://united-monarch.biz/wordpress/archives/3964

設置したアンテナは以下の通りです。

●ApexRadio
 長中短波用受信アンテナ「303WA-2」
 周波数帯:30kHz-30MHz
 アンテナ全長:1.8m

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 144/430MHz帯高利得2バンドモービルアンテナ「SG7900」
 周波数帯:144/430MHz
 アンテナ全長:1.58m

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」
 周波数帯:120/300MHz
 アンテナ全長:1.3m

●AOR
 広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」
 周波数帯:25-1300MHz
 アンテナ全長:0.7m

これらのアンテナを約30cmの間隔で近接設置し、ダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」を複数使って1本の同軸ケーブルに集約し、2台の受信機「DJ-X11A」と「DJ-X11」に分配して受信を行いました。アンテナはベランダの壁面に以下ように設置しました。

----------外側(東)----------
北←  303WA-2  SG7900  D103  MA500  →南
----------内側------------
長い←-----アンテナの長さ-------→短い

結果から言うと、特に干渉はなく、ほぼ全周波数帯の受信が出来ました(聞こえるレベルは様々ですが)。各周波数帯別の受信結果の詳細は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 3.945MHzのラジオNIKKEI 第2放送:良く聞こえました。
 6.055MHzのラジオNIKKEI 第1放送:良く聞こえました。
 9.645MHzの朝鮮の声放送(北朝鮮):良く聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 良く聞こえました。

・150MHz帯国際VHF
 良く聞こえました。

・アマチュアバンド
 3.5MHz帯:少し聞こえました。
 7MHz帯:少し聞こえました。
 10MHz帯:少し聞こえました。
 14MHz帯:少し聞こえました。
 18MHz帯:少し聞こえました。
 28MHz帯:少し聞こえました。
 144MHz帯:良く聞こえました。
 430MHz帯:良く聞こえました。

・465MHz帯アナログ簡易無線
 聞こえました。

アマチュアバンドについては、144/430MHz帯以外は今まで受信したこともなかったので、過去の受信状況は比較出来ませんが、取り敢えず受信可能なことが分かりました。上記受信結果に書いていない135kHz帯、475kHz帯、1.8/1.9MHz帯、3.8MHz帯、21MHz帯、1200MHz帯のアマチュアバンドについては、受信テストの時にたまたま交信がなかっただけで、もしかすると受信出来るかもしれません。

あと、国際VHF(船舶無線)については、以前はごく稀にしか受信出来ませんでしたが、今回のアンテナ4本設置により、120MHz帯エアバンド並に受信可能になりました。これについては、他のアンテナ構成を試していないので何とも言えませんが、東側に面したベランダに4本、南北方向にアンテナを立てたので、指向性が強化されて、東京都台東区の我が家から南に位置する東京湾方面の電波が入りやすくなった可能性があります。今後要検証です。

今回のテスト結果から、以下のことが言えると思います。

異なる周波数帯を受信するアンテナを近接設置し、受信用分配器/混合器で集約/分配、複数の受信機で受信する場合は干渉しない。

なお、アンテナの並び順による受信状態の違いや、受信用分配器/混合器で集約/分配せずに複数の受信機に直結して受信するケースについては今後の検証課題になります。あと、私はまだアマチュア無線の免許を持っていないので受信機で受信のみ行っておりますが、送信をする場合どうなるかについても免許取得後の検証課題となります。

取り敢えず、これでアンテナを交換することなく、短波放送、AMラジオ放送、FMラジオ放送、エアバンド、国際VHF、アマチュアバンドが楽しめるようになりました。これからもよりよい受信環境を目指して、色々検証してみたいと思います。

アンテナ4本近接設置受信テスト(予定)

最近、所有するアンテナが多くなってきました。受信する周波数帯によってアンテナを交換して使っているので、以下の4本のアンテナを良く利用しています。

●ApexRadio
 長中短波用受信アンテナ「303WA-2」
 周波数帯:30kHz-30MHz

●AOR
 広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」
 周波数帯:25-1300MHz

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」
 周波数帯:120/300MHz

●ダイヤモンド(第一電波工業)
 144/430MHz帯高利得2バンドモービルアンテナ「SG7900」
 周波数帯:144/430MHz

以前は受信の都度、アンテナを交換しておりましたが、現在はダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」を使って2本のアンテナを1本の同軸ケーブルに集約し、それを2台の受信機に分配して受信しております。しかしそれでも受信周波数によってはアンテナの交換が必要です。最近はなんだかそれも面倒になってきて、アンテナ4本を全部設置してしまいたいと思い始めました。ではなぜ2本しかアンテナを立てていないのかというと、以前、2本のアンテナを近接設置した時に干渉が発生し、受信障害が発生したためです。

複数アンテナ設置時の干渉について
http://united-monarch.biz/wordpress/archives/3964

この時の状況は、ノーブランドのマグネット基台モービルホイップアンテナ(周波数帯:25-1300MHz)とAORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」(周波数帯:25-1300MHz)を約30cmの間隔で設置し、それぞれのアンテナの同軸ケーブルを「DJ-X7」と「DJ-X81」に接続し、同じ周波数を受信してみました。その結果、「MA500」に接続した受信機では144/430MHz帯アマチュアバンドの受信感度が悪化し、「MA500」を単独設置した場合には受信感度が回復するという事象が発生しました(受信機を入れ替えても結果は同じ)。調査した結果、アンテナを近接設置すると干渉が起こることが分かり、アンテナの間隔を2mほど開けることで何とか解決しました。ベランダの広さを考えると、これ以上のアンテナを設置するとまた干渉が起こりそうなのですが、今回は前回と条件が違います。

1.アンテナの周波数帯
前回はほぼ同じ周波数帯のアンテナ2本でしたが、今回は多少重複するものの、別の周波数帯のアンテナ4本です。

2.受信用分配器/混合器の利用
前回はアンテナと受信機を1:1の関係で接続しておりましたが、今回は受信用分配器/混合器を使ってアンテナ4本を集約し、2台の受信機に分配する4:2の関係で接続します。

3.受信する周波数
前回は同一周波数を2台の受信機で同時に受信しておりましたが、今回は2台の受信機で別々の周波数を受信します(144MHz帯と430MHz帯をワッチしながら、128.8MHzの羽田ATISを受信しつつ120MHz帯エアバンドを受信したり、短波放送、AM/FMラジオ放送も時々聴くような状況を想定)。

これが上手くいけば、いちいちアンテナを交換しなくても済むようになります。そこで今回は近接設置したアンテナ4本を受信用分配器/混合器を使って集約し、短波放送、AMラジオ放送、FMラジオ放送、120MHz帯エアバンド、144/430MHz帯アマチュアバンドがきちんと受信出来るかどうかを検証したいと思います。

この検証と今後の運用のために、ダイヤモンド(第一電波工業)の強力マグネットベース「SPM35」1基と、ダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」2個、コメットのMP-MP接続ケーブル「MM-50」2本、NAGOYAのモービルラジアルエレメントアンテナ「RE-02」2セットを注文しました。

結果は後日、本ブログにて報告します。お楽しみに。

ハンディループアンテナ Field_ant SL-MK-5S

先日、無線受信趣味を始めてから、初めて秋葉原の無線関連ショップに行きました(笑)。今まで必要な受信機やアンテナなどは全部通販で購入していましたが、たまたま秋葉原に行く用事があったので、山本無線CQ-II店とロケットアマチュア無線本館に行ってみました。やはりショップで、たくさん展示してある無線機やアンテナを見ると心躍るものがありますね。

今急ぎで買わなければならないものは特になかったので製品を見るだけで帰るつもりでしたが、ロケットアマチュア無線本館でループアンテナを見つけて興味を持ちました。ループアンテナは指向性が高く、ノイズに強く、短波帯の受信にも使えそうな感じです。ただ、大きさはともかく、指向性の問題で設置が結構大変そうだったので、取り敢えず今回は初めてのループアンテナのお試しと言うことで、ループ直径17.5cmのハンディループアンテナとBNCJ-SMAP変換ケーブル(1m)を購入しました。なお、このハンディループアンテナのメーカーは不明です。手作り感があり(笑)、特に箱や説明書が何もなかったので、もしかするとロケットアマチュア無線本館のオリジナル製品かもしれません。

自宅に帰ってから、ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのハンディループアンテナを取り付けて受信してみました。ベランダに出て、色々な周波数で、手に持ったハンディループアンテナを色々な方向に向けて受信を試みました。結果は予想通り、ループアンテナは指向性が強いので、アンテナの方向が合えばかなりの受信能力を発揮するものの、方向が合わないと受信能力がかなり低下します。アンテナの方向が合えば、我が家ではなかなか受信出来ない128.8MHzの羽田ATISも受信出来ますが、アンテナの方向が合わなければラジオ放送の受信すら覚束無くなります。面白いアンテナです。

ループアンテナはこのように指向性が大変強いので、フォックスハンティングや盗聴器の発見に威力を発揮しそうです。または海や山で遭難した時にも、ループアンテナでラジオ放送などの電波を探知することによって、脱出する方向を推測することが出来そうです(たしか船舶用にループアンテナを利用した方向探知システムがあります)。

なお、ループアンテナを本格的に設置して色々な無線を受信する場合には、アンテナの方向を変えるローテーターなどがないと、毎回ベランダに出てアンテナの方向を調整することになります。我が家でのループアンテナ導入はまだまだ先になりそうです。

<追記>
5月28日日曜日にロケットアマチュア無線本館に再度行ったところ、同じハンディループアンテナが販売されており、それを見るとこのハンディループアンテナは「Field_ant」というメーカーの「SL-MK-5S」という製品であることが分かりました。よって、本記事のタイトルを「ロケットアマチュア無線本館オリジナルハンディループアンテナ」から「ハンディループアンテナ Field_ant SL-MK-5S」に変更しました。

Field_ant
http://www.purple.dti.ne.jp/fieldant/

<代表の独り言>
八木・宇田アンテナにも興味が出てきました。