長中短波用受信アンテナ ApexRadio 303WA-2での短波放送受信(続報)

先日、ApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」での短波放送受信が思ったほど良くないと記事を書きましたが、その続報です。記事にも書いた2つの問題点、接続構成と設置場所を改善してみました。

まず、アンテナの設置場所を変えました。元々はベランダの低い場所にあるエアコン室外機の上に「303WA-2」を設置しておりましたが、ベランダの縁から15cmほど外側にせり出すように鉄板を置き、そこに「303WA-2」を設置しました。アンテナを設置している鉄板は念のため鉄アレイ2個で支えております。そして、MP-SMA変換ケーブルを使ってアンテナとALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」を直接接続しました。

ここまで準備をしてから「DJ-X11」で短波放送の周波数帯をスキャンすると、かなりの短波放送を受信出来ています! 日本でもこんなにたくさんの外国(中国、韓国、北朝鮮がほとんど)の短波放送が聴けるのかと驚くくらいです。その後、試しにAORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」に繋ぎ替えて短波放送の周波数帯をスキャンしてみました。一応、短波放送は受信出来ます。高めの周波数帯や、強い電波の場合は受信出来ますが、低めの周波数帯や弱い電波の場合は、「303WA-2」に軍配が上がるようです。逆に、120MHz帯エアバンド、144MHz帯や430MHz帯のアマチュアバンドについては「MA500」では良く受信出来ますが、「303WA-2」では少しは受信出来るけど、かなり心許ない感じでした。やはりアンテナには周波数に合わせて変えなければダメですね。

これで一応、「303WA-2」の受信能力については問題がないことを確認できたわけですが、上記の検証だと設置場所による問題か接続構成による問題か切り分けが出来ていないので、前回と同じ接続構成にしてみました。

[303WA-2]-[SS500]-[DMAX50]-[DJ-X11]
[MA500]

AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」をダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」に繋いで1本の同軸ケーブルに集約し、その同軸ケーブルをダイヤモンド(第一電波工業)の受信用プリアンプ「DMAX50」に繋ぎ、そこから同軸ケーブルをALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」接続しています。この状態で短波放送や120MHz帯エアバンド、144MHz帯や430MHz帯のアマチュアバンドの受信が良好に出来ましたので、接続構成には問題はなかったと言えます。よって、アンテナの設置場所が問題だったと言えます。

アンテナは障害物のない高い場所に設置しましょう!

今後は、以下のアンテナ構成で受信を楽しみます。

30kHz-30MHz:ApexRadio 303WA-2(長中短波用)
25MHz-1300MHz:AOR MA500(VHF、UHF用)

長中短波用受信アンテナ ApexRadio 303WA-2

最近、広帯域受信機を使って、海外の短波放送の受信を楽しんでおります。短波放送の周波数は、下は2300KHz(2.3MHz)から上は26100KHz(26MHz)となっております。しかし、現在保有しているモービルアンテナやマグネット基台アンテナの受信可能周波数は以下のようになっており、受信出来ない周波数があります。

ノーブランド:25MHz-1300MHz
AOR MA500:25MHz-1300MHz
ダイヤモンド(第一電波工業) MR77B:144/430MHz帯

現在持っているアンテナでも何故か短波放送が受信出来ておりますが、受信感度の向上と、より遠くの国の短波放送を受信するために、ApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」を購入しました。「303WA-2」は、全長180cm、重量450gのアンテナで、受信可能周波数は30kHz-30MHz。これならば短波放送の全ての電波を受信することが可能です!

さっそく、3つに分解されている「303WA-2」を組み立てて、ダイヤモンド(第一電波工業)のマグネット基台「MR5A」に載せて短波放送の受信をしましたが、思ったほど良い感度で受信出来ません。今までと変わらないくらいです。しかしこれには私の都合による問題もあります。

1.接続構成

実はマグネット基台「MR5A」の同軸ケーブルはMP型接栓になっており、受信機側がSMA型接栓になっているため、直接接続することが出来なかったのです。MP-SMA変換コネクタまたは変換ケーブルがあれば良かったのですがいずれも無かったため、保有する変換コネクタや変換ケーブル、その他機器を介して以下のような接続構成にしました。

[303WA-2]-[SS500]-[DMAX50]-[DJ-X11]
[MA500]

AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」をダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」に繋いで1本の同軸ケーブルに集約し、その同軸ケーブルをダイヤモンド(第一電波工業)の受信用プリアンプ「DMAX50」に繋ぎ、そこから同軸ケーブルをALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」接続しています。ですので、「303WA-2」と受信機を直結していないので、アンテナの性能だけを比較することが出来ません。また、もう1本のアンテナ「MA500」と干渉している可能性もあります。

2.設置場所

303WA-2」の長さは1.8mもあるため、今までのアンテナのようにベランダの縁に設置することが出来ず、ベランダ内側の低い位置にあるエアコン室外機の上に設置しております。そのため、せっかくのアンテナの長さを活かせていないと思われます。

これらの問題を解決するため、MP-SMA変換ケーブルと、ベランダにプランターを設置するための引っ掛け金具を注文しました。近日中に障害物のないベランダの外側に「303WA-2」を設置し、受信機と直結して状態で受信してみようと思います。もちろん、風の強くない日に。

受信用分配器/混合器 ダイヤモンド SS500

最近、受信機とアンテナが増えてきました。受信機もアンテナも複数あるので、1本のアンテナを2台の受信機に分配して接続したり、または受信周波数帯の違う2本のアンテナを混合して1台の受信機に接続したりと、より効率的な運用をしたくなってきました。そこで、ダイヤモンド(第一電波工業)の0.5MHz-500MHz帯 受信用分配器/混合器「SS500」を購入しました。現在、以下のような運用を考えております。

<分配器として>
AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」をこの「SS500」を介してALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X11」と「DJ-X81」に接続し、以前発生した複数アンテナの近接設置による干渉問題を回避しつつ、2台の受信機で複数の周波数を同時受信する。

<混合器として>
AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」といった受信可能周波数帯が違う2本のアンテナをこの「SS500」を介してALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X11」または「DJ-X81」に接続し、1台の受信機で受信可能周波数帯が違う2本のアンテナを繋ぎ替えることなく幅広い周波数を受信する。しかし、以前発生した複数アンテナの近接設置による干渉問題を回避するため、2本のアンテナは最大限離して設置する。

SS500」の導入により、我が家の受信能力がより向上しそうです。

コンパクト強力マグネットベース ダイヤモンド MR5A

新しく外部アンテナを購入したので、アンテナを設置するための基台として、ダイヤモンド(第一電波工業)のコンパクト強力マグネットベース「MR5A」を購入しました。5mの同軸ケーブル付きで、アンテナ側の接栓はMJ型、受信機側の接栓はMP型です。これで基台単体が手に入ったので、これからはアンテナだけ買えば良いことになります(まだアンテナを増やす気か!w)。

しかし、ワクワクしながら箱を開け、説明書を読むと、予想外のことが書いてありました。「MR5A」は全長1.0m以下で重量150g以下のステンレス製ホイップアンテナ以外は使用出来ないとのことです。購入したアンテナは全長1.8mで重量450g。とは言え、「MR5A」は自動車の屋根に設置することを前提としているので、私のように自宅のベランダに設置するのならばきっと大丈夫だろうと思っています(希望的観測)。ただ、風の強い日にはベランダに出さないようにしようと思っています。

窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット ダイヤモンド MGC50

ここ最近、広帯域受信機での受信には付属のホイップアンテナではなく、モービルアンテナをベランダに出して使っております。そのため、窓を少し開けて、ベランダのアンテナから同軸ケーブルを室内に引き込んでいるのですが、冬は窓の隙間風が寒く感じます。出来るだけ窓を閉めても、同軸ケーブルの太さである7mm程度は隙間が開いてしまいます。そこで、1月28日にダイヤモンド(第一電波工業)の窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット「MGC50」を購入しました。

ダイヤモンド(第一電波工業)の窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット「MGC50」は、窓のアルミサッシに挟み込む薄型同軸ケーブルです。両端がMJ型のコネクタになっており、一方をアンテナ側の同軸ケーブル、一方を受信機側の同軸ケーブルに接続して、アルミサッシに挟み込むと、ほとんど隙間無く窓が閉められ、施錠も可能な状態になります。隙間風も無くなり、大変重宝します。

しかし、本製品は頻繁に開け閉めする片開きの窓ではなく、両開きの窓で、開け閉めしない片側の窓のアルミサッシに挟み込むことや、室内のドアをすり抜けることを想定しているようです。私の自宅は片開きの窓なので、「MGC50」を使うと薄型同軸ケーブルを傷めそうなので、実はあまり使っていません。隙間風が少し寒いですが、頑張ってベランダにアンテナを出して受信しようと思います(笑)。