120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ ダイヤモンド D103

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」、「DJ-X81」、「DJ-X11」での受信感度向上を目指して、ダイヤモンド(第一電波工業)の120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」を購入しました。

受信を始めた当初は、1本のアンテナで何でも受信出来る広帯域受信用アンテナがあればよいと思っておりましたが、最近、ApexRadioの長中短波受信用アンテナ303WA-2で専用アンテナの効果を実感したので、エアバンド専用アンテナを購入してみました。「D103」のアンテナの長さは1.3m。303WA-2より短く、MA500より長い感じです。303WA-2は夜間の短波放送受信にしか使っていないので、昼間、アンテナを「D103」に交換し、2台の受信機でエアバンドの受信をしてみました。受信した結果は以下の通り。

<DJ-X11+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。

・128.8MHzの羽田ATIS
→受信ランプは点灯するものの音声は不明。

<DJ-X81+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。しかしDJ-X11でかろうじて受信出来る微弱な電波になると受信不可。

・128.8MHzの羽田ATIS
→雑音は入るものの、音声が聞き取れるレベルで受信可能。

また、私はダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器SS500を2つ使って2本のアンテナを集約し、それを2台の受信機に分配しているので、もう1本のアンテナであるAOR MA500を取り外してみると、DJ-X81でも羽田ATISの音声が聞こえなくなりました。よって、「D103」によるエアバンド受信感度向上は間違いないと言えるでしょう。

特定周波数に合わせた専用アンテナの効果をまたしても実感しました。聴きたい無線の周波数が決まっているのならば、目的の周波数に合わせた専用アンテナが一番効果的だと改めて実感しました。

ところで、上記のように同じアンテナでもDJ-X11とDJ-X81で受信感度が異っております。DJ-X11はALINCOのハンディ広帯域受信機の最上位モデルであり、DJ-X81よりも受信感度が良いものだと思っていたので、意外な結果でした。そこで調べてみると、DJ-X11はAGC(Automatic Gain Control)という機能が無効化されているため、AM音声の受信が聞き取りづらいという情報がありました。これは、ACARS(Aircraft Communications Addressing and Reporting System、エーカーズ)というエアバンドを受信して航空機の位置情報などを表示するPCソフトウェアがあり、このACARSの地図上に航空機の位置情報を表示するためには、受信機で受信した情報を解析(デコード)する必要があり、その解析率を上げるためにAGCを無効化しているそうです。そのため、ACARSは使わないが、エアバンドの音声をより受信したいというユーザーの要望に応じて、ALINCOではDJ-X11のAGCを有効化してAM音声を聞き取り易くし、周波数メモリーをエアバンド関連で網羅したエアバンド仕様の「DJ-X11A」という機種も販売しているそうです(ACARS用プロットデータの解析率は30%ほど劣るとのこと)。また、ALINCOにてDJ-X11をDJ-X11Aに改造するサービスも行っているそうです(有料)。DJ-X11をDJ-X11Aに有料で改造して貰うか、DJ-X11Aを追加購入するか、悩むところです。

<代表の独り言>
D103」はアンテナ単体なので、別途基台が必要です。

DJ-X81で緊急警報放送(EWS)の試験放送受信

緊急警報放送(EWS:Emergency Warning System)とは、緊急警報信号を使用して、待機状態にあるテレビやラジオなどの受信機のスイッチを自動的にオンにして行われる放送です。地震など大規模災害が発生した場合や、津波警報が発表された場合などに放送されます。

私が保有しているALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X81」は、このEWSの受信機能を持っております(EWS受信設定はNHK-FMの周波数を設定するようになっている)。EWSの受信機能はON/OFFすることができますが、EWSをONにするとEWS受信待機状態になり、電源OFF状態でもEWS受信で自動的に電源が入ってNHK-FMの受信を開始しますが、待機電力を消費するので、バッテリーの持ちがかなり悪くなります。EWSをOFFにするとバッテリーの持ちはかなり良くなります。しかし東日本大震災のことを思い出すと、万が一に備えておいた方が良いと考え、私はEWSをONにしています。幸いにも、今までEWSのお世話になるような事態は発生しておりません。しかしそうなると、このEWS、ちゃんと機能するのか? という疑問も出てきます。実はそれを確認できることが、毎月1回あります。

NHKおよび民放各局では、月1回程度、緊急警報放送の試験信号放送をしています。NHKの場合、毎月1日(1月のみ4日)の11:59-12:00に総合テレビ、ラジオ第1、FM放送で緊急警報放送の試験信号放送をしています。実は今までタイミングが合わなくて、試験信号放送受信による「DJ-X81」のEWSの作動を一度も見たことがなかったのですが、本日4月1日はちょうど土曜日で休みだったので、EWSの作動を確認することが出来ました。「DJ-X81」は電源OFF状態からEWS試験信号放送受信して自動的に電源が入り、LEDが黄色に点灯し、画面に、「TEST」という文字と、設定してあるNHK-FMの周波数が交互に繰り返し表示されました。なお、試験放送による動作確認なので音は一切出ませんでした。これが本番の放送だった場合には、電源OFF状態からEWS信号放送受信して自動的に電源が入り、LEDが白色に点滅し、警報音が鳴り響き、設定してあるNHK-FMの放送受信を開始することになります。

今回は初めて緊急警報放送の試験信号放送を受信して「DJ-X81」のEWSの作動を見ましたが、これはなかなか使える機能だと思います。地震、津波、台風など自然災害の多い日本では、非常に有用だと思います。ですので、緊急警報放送対応の受信機を持っている人は、放送局の試験放送日(NHKは毎月1日)に、緊急警報放送の試験信号放送を受信してEWSが作動するか確認しましょう

なお、「DJ-X81」のEWSをONにしているとバッテリーをかなり消費しますが、「DJ-X81」は付属のバッテリーだけでなく、アルカリ単三乾電池でも駆動するので、乾電池さえ確保しておけば、災害による停電時に力を発揮すると思います。

窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット ダイヤモンド MGC50

ここ最近、広帯域受信機での受信には付属のホイップアンテナではなく、モービルアンテナをベランダに出して使っております。そのため、窓を少し開けて、ベランダのアンテナから同軸ケーブルを室内に引き込んでいるのですが、冬は窓の隙間風が寒く感じます。出来るだけ窓を閉めても、同軸ケーブルの太さである7mm程度は隙間が開いてしまいます。そこで、1月28日にダイヤモンド(第一電波工業)の窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット「MGC50」を購入しました。

ダイヤモンド(第一電波工業)の窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット「MGC50」は、窓のアルミサッシに挟み込む薄型同軸ケーブルです。両端がMJ型のコネクタになっており、一方をアンテナ側の同軸ケーブル、一方を受信機側の同軸ケーブルに接続して、アルミサッシに挟み込むと、ほとんど隙間無く窓が閉められ、施錠も可能な状態になります。隙間風も無くなり、大変重宝します。

しかし、本製品は頻繁に開け閉めする片開きの窓ではなく、両開きの窓で、開け閉めしない片側の窓のアルミサッシに挟み込むことや、室内のドアをすり抜けることを想定しているようです。私の自宅は片開きの窓なので、「MGC50」を使うと薄型同軸ケーブルを傷めそうなので、実はあまり使っていません。隙間風が少し寒いですが、頑張ってベランダにアンテナを出して受信しようと思います(笑)。

マルチモードハンディ広帯域受信機 ALINCO DJ-X11

以前からALINCO製カードサイズハンディ広帯域受信機「DJ-X7」、テンキー付きハンディ広帯域受信機「DJ-X81」を持っておりましたが、もっと受信能力が高い受信機が欲しくなり、3月4日にALINCO製テンキー付きマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」を購入しました。

マルチモードハンディ広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)「DJ-X11」はテンキー付きの本格的な受信機で、ALINCO製のハンディ広帯域受信機では最上位機種になります。テンキーで周波数をダイレクトに入力出来ることは「DJ-X81」と同じですが、「DJ-X81」との大きな違いは、2波同時受信が出来ることと、受信可能な電波形式が「AM」、「FM」、「WFM」だけでなく、「CW」と「SSB(USB、LSB)」も追加されていることです。「CW」はモールス通信で使われ、「SSB(USB、LSB)」はアマチュア無線などの電話(音声通信)で使われます。これにより、今までは聞こえなかった通信の受信が可能となりました。また、受信可能周波数も「DJ-X81」は0.1-1300MHzですが、「DJ-X11」は0.05-1300MHzと、少し広くなっております。

既に「DJ-X11」にAORのマグネット基台モービルアンテナ「MA500」を接続して受信を楽しんでおりますが、2波同時受信が可能なので、例えばアマチュア無線の144MHz帯と430MHz帯の呼出周波数を同時に受信する設定にすると、通信を受信するチャンスが非常に多いです。これは本当に便利です。ただ、メインバンドとサブバンドでは受信能力に差異があり、以下のようになっております。

<メインバンド>
受信周波数:0.05-1299.99995MHz
電波形式:オート(自動)、FM、WFM、AM、SSB(USB、LSB)、CW

<サブバンド>
受信周波数:144MHz帯(118-170.995MHz)、430MHz帯(336-469.995MHz)
電波形式:AM、FM

ですので、メインバンドで色々な周波数や電波形式で受信を試みつつ、サブバンドでアマチュア無線の呼出周波数を受信する、という使い方になります。尤も、聖徳太子でも無い限り同時に2波もスキャンして聞き分けるのも大変なので、これで十分実用的と言えるかもしれません(笑)。

今のところ、航空無線(エアバンド)、144MHz帯と430MHz帯のアマチュア無線、AMラジオ放送、FMラジオ放送、海外の短波放送などは受信しておりますが、「CW」のモールス通信や「SSB(USB、LSB)」の電話(音声通信)はまだ受信出来ておりません。近い内に使用周波数をきっちり調べて、受信を試みようと思います。

今年は「DJ-X7」、「DJ-X81」、「DJ-X11」の広帯域受信機3台体制で、色々なアンテナを試しながら無線受信を楽しみたいと思います。

<代表の独り言>
DJ-X11」は「DJ-X81」よりも充電時間が短くて使いやすいです。また、付属のバッテリーパックだけでなく、単三アルカリ乾電池も利用可能ですので、充電する時間が無い時や、充電出来ない災害時などに便利です。

144/430MHz帯マグネットマウントアンテナ ダイヤモンド MR77B

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」と「DJ-X81」での受信感度向上を目指して、ダイヤモンド(第一電波工業)の144/430MHz帯マグネットマウントアンテナ「MR77B」を購入しました。マグネット基台付きの、アマチュア無線の144MHz帯と430MHz帯に対応したアンテナです。このアンテナは受信専用ではないので、無線機に接続すれば送信にも使えます。取り敢えず、アマチュア無線の144MHz帯と430MHz帯をしっかり確実に受信したいために、この帯域に対応した専用アンテナを購入してみました。

マグネット基台の直径は約6.5cm、アンテナの長さはマグネット基台を含めて約50cm、マグネット基台から伸びる同軸ケーブルは太さ約5mmで長さ約4m。エレメントベースとマグネット基台のねじ込み接栓は、サイズはSMA型のような感じですが、芯線のようなものが無いただのネジ込みです。マグネット基台から伸びている同軸ケーブルの端子はBNCオスで、受信機のアンテナ端子はSMAメスなので、BNCメス-SMAオス変換コネクタを使って受信機に接続します。

早速、20cm×30cm×1.6mmの鉄板にアンテナを立ててからベランダに出し、同軸ケーブルを受信機に接続してアマチュアバンド(144MHz帯/430MHz帯)とエアバンド(120.5MHz)の受信をしました。受信感度は概ね良好です。不満は特にありません。

強いて要望を言えば、エレメントベースとマグネット基台のねじ込み接栓を、M型またはBNC型にして欲しかったです。と言うのも、エレメントベースとマグネット基台の間に接続するタイプの受信感度アップ用ラジアルアンテナなどがあり、その接栓がM型になっているためです。せめてBNC型なら変換コネクタで何とかなりそうです。しかしアンテナを支える強度と、マグネット基台に他のアンテナを差し替えて使う汎用性を考えると、M型の方が良いと思いました。もしかするとダイヤモンド(第一電波工業)のWebサイトで製品情報を確認すれば、そういうアンテナもあるのかもしれません。購入前にしっかり確認するべきでした。

これで保有するマグネット基台アンテナは3本になりました。時々アンテナを替えて、受信感度がどのように変わるか比較し、アンテナの受信特性を見極めたいと思います。そして状況に合ったアンテナで受信を楽しめるようにしたいと思います。