IT人材不足解消へアジア学生1万人獲得目指す

外国人労働者や移民受け入れの流れになるのでしょうか?

読売新聞(YOMIURI ONLINE)(2015/07/18 17:26)
IT人材不足解消へアジア学生1万人獲得目指す
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150718-OYT1T50060.html

引用記事

 経済産業省は、ソフトウェア開発などに当たる「IT(情報技術)人材」の不足を解消するため、アジアの大学新卒者などを国内に招き、日本語学校や就職先企業を紹介する取り組みを2016年度から始める。

 まずはインドやベトナムから受け入れ、1万人規模の人材獲得を目指す。

 アジアの大学でITを専攻した卒業生らを対象に、日本に留学して日本語を学んでから日本企業に就職してもらう仕組みをつくる。16年度予算の概算要求に関連費用を計上し、16年度から受け入れを始める方針だ。

 現地学生に日本国内の留学先や就職先を紹介する。日本語学校で勉強している間も、IT企業でアルバイトなどをして生活費や学費を稼げるようにする。

 日本のIT企業や日本語学校などでつくる協議会を今夏にも設立。経産省は今秋、インド政府と合同部会を設け、具体策を協議する計画だ。IT人材の育成に熱心なベトナムにも協力を求める。

 厚生労働省によると、国内のIT企業で働いている外国人は2014年10月時点で3万1581人いる。

 政府は成長戦略の一つとして、国内のIT業界で働く外国人を20年に6万人に倍増させる目標を掲げる。ただ、ソフトウェア開発やゲーム制作などの国内企業は、日本語を話せない外国人社員の採用に慎重なのが実情だ。

いくらの給料で働かせる気なんでしょうかね? たしか介護や農業の分野で外国人労働者(外国人研修生)が奴隷労働をさせられたと訴えて、大きな問題になっていたと思います。韓国が難癖を付けてきた日本の世界遺産登録問題ではありませんが、後々、強制労働させられた(forced to work)とか言われないようにして欲しいものです

そもそも本当にITの人材が不足しているのなら、まずは人材を欲する企業がエンジニアの処遇を上げるべきであり、お金は出さないけど仕事はして欲しい、馬車馬のように働く人材が足りない、では虫が良すぎるのではないだろうか?

また、国の予算を使うのなら、従業員を搾取するブラック企業をしっかり取り締まり、長時間労働が当たり前と言われるエンジニアの処遇やIT業界のあり方を変える方に働きかけた方が、モチベーションと生産性と税収が上がると思いますけどね。

<代表の独り言>
今回の「アジア学生」が中国、韓国では無く、インド、ベトナムであったことがせめてもの救いかもしれません。しかし日本でもベトナム人犯罪がかなり増えているからなぁ・・・。ちょっと心配です。