広帯域受信用ワイヤーアンテナ(メーカー不明)

最近は受信に必要なアンテナも各周波数帯でだいぶ揃ってきました。もうアンテナはこれ以上いらないかなと思っていましたが、Amazonでメーカー不明の「広帯域受信用ワイヤーアンテナ」を見つけました。大まかなスペックは以下の通りです。

【受信周波数帯】25-1300MHz
【長さ】3m(アンテナ部分は60cm)
【接栓】BNC型

このワイヤーアンテナは、太さ3mm、長さ3mの同軸ケーブルの先端60cmだけ保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、絶縁体(ポリエチレン)に包まれた内部導体(銅線)を出したものです。片側はBNC接栓になっています。一応、窓に貼り付けられるように、吸盤が2個付いていましたが、これは外しました。ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのアンテナを接続して、ベランダでワイヤーアンテナを垂らしたり、手に持って色々な方向に向けて、色々な周波数を受信した結果は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 方向が合えば聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 方向が合えば聞こえました(128.8MHzの羽田ATISも)。

・150MHz帯国際VHF
 方向が合えば聞こえました。

・アマチュアバンド
 交信がなかったのか確認出来ず。

こんな変なアンテナ(?)で受信出来るのかと思いましたが、予想以上に受信出来ました。ただ、若干の指向性があります。そのため、方向が合えば受信出来ますが、方向が合わないと受信出来ません。あと、今は60cmしかアンテナ部分がありませんが、同軸ケーブル全体の保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、3m全てをワイヤーアンテナ化してみようと計画中です。3mのワイヤーアンテナを別の同軸ケーブルを経由して受信機に接続し、ベランダから垂らしたり、ポールに結びつけて設置し、受信感度がどのように変化するか実験予定です。3mのワイヤーアンテナを作るため、現在、同じワイヤーアンテナをもう1本注文しております。到着が楽しみです。

<代表の独り言>
ただの同軸ケーブルを剥くだけでアンテナになるんですね!

強力マグネットベース ダイヤモンド SPM35

最近、外部アンテナが増えてきたので、アンテナを設置するための基台として、ダイヤモンド(第一電波工業)の強力マグネットベース「SPM35」を購入しました。4mの同軸ケーブル付きで、アンテナ側の接栓はMJ型、受信機側の接栓はMP型です。以前購入したコンパクト強力マグネットベース「MR5A」との主な違いは以下の通り。

<MR5A>
マグネット直径:85mm
アンテナ全長:1m以下
アンテナ重量:150g以下

<SPM35>
マグネット直径:111mm
アンテナ全長:1.2m以下
アンテナ重量:350g以下

SPM35」はマグネットの直径も大きく、「MR5A」よりも長く、重いアンテナに対応しています。しかし私が持っているアンテナは全て規格外となってしまいます・・・。

●ダイヤモンド(第一電波工業)
120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103
全長:1.3m
重量:225g

●ダイヤモンド(第一電波工業)
144/430MHz帯高利得2バンドモービルアンテナ「SG7900
全長:1.58m
重量:600g

●ApexRadio
長中短波用受信アンテナ「303WA-2
全長:1.8m
重量:450g

とは言え、「MR5A」と同様に、「SPM35」は自動車の屋根に設置することを前提としているので、私のように自宅のベランダに設置するのならばきっと大丈夫だろうと思っています(希望的観測)。ただ、風の強い日にはベランダに出さないようにしようと思っています。

ALINCO DJ-X81とDJ-X7での短波放送受信について

先日、ApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」とALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」の組み合わせでは短波放送がかなり受信出来るが、ALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X81」ではあまり受信出来ない記事を書きました。その後の調査をしたところ、その原因がわかりました。

まず、「DJ-X81」の取扱説明書を読むと、アンテナ関係の記述では「イヤホンアンテナ/外部アンテナの切り替え」という項目がありますが、これについては外部アンテナを使う設定になっており、問題ありません。しかしアンテナとは関係なさそうな「リモコン設定」という項目を見ると、「イヤホンアンテナ、SMAアンテナの切り替え」だけでなく、「AMラジオバーアンテナの切り替え」、「短波放送バーアンテナの切り替え」という項目があります。あれ? そんな設定は取扱説明書に書いてないぞ? と思い、調べてみると、なんと取扱説明書の別紙にて「エキスパート・モード」という設定モードがあることがわかりました。

ALINCO公式Webサイト
DJ-X81 エキスパート・モードについて

http://www.alinco.co.jp/img/manual/manualP20130515001.pdf

引用記事

VFOモードでFUNCキーを長押ししてキーロック状態にして、そのまま引き続きFUNCキーを6回押すとエキスパート・モードとなり、セットモードのサブメニューに説明書には書かれていない項目が追加されます。以下、その機能についてご説明します。

③メインメニュー[Rx]受信設定:

・AbAr [ON]/OFF OFFは内蔵AM放送受信用バーアンテナを使わない
・SbAr [ON]/OFF OFFは内蔵短波放送受信用バーアンテナを使わない

※これらはOFFにすることで得られるメリットは事実上、ありません。常にONにしておいてください。この項目は、主に弊社のサービスセンターでの、メンテナンス用途のために残しています。

まさか「エキスパート・モード」と言う名の隠し機能があるとは思いませんでした。どうやらこの設定のために受信感度の良いベランダに出した「303WA-2」が使われず、受信感度が悪い室内にある「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」が使われて、短波放送の受信が上手くいっていないようです。

念のため、3月22日の日中に、ハンディ広帯域受信機「DJ-X81」などの製造メーカーであるALINCOに電話を掛けて、内蔵バーアンテナの仕様について確認したところ、ハンディ広帯域受信機「DJ-X81」、カードサイズハンディ広帯域受信機「DJ-X7」はAM放送受信用バーアンテナ、短波放送受信用バーアンテナを内蔵しており、通常はこれがONになっているので、外部アンテナを使ってAM放送や短波放送を受信する場合は、これをOFFにする必要があるとのことでした。一方、マルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」はAM放送受信用バーアンテナは内蔵しているが、短波放送受信用バーアンテナは内蔵していないとのことでした。

そこで、「DJ-X81」に「303WA-2」を接続し、「エキスパート・モード」で「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」をOFFにして短波放送の周波数帯をスキャンしたところ、良好な短波放送の受信が出来るようになりました! 同様に「DJ-X7」でも「303WA-2」を接続し、取扱説明書を見ながら「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」をOFFにして、短波放送の周波数帯をスキャンしたところ、こちらも良好な短波放送の受信が出来るようになりました! コンパクトなカードサイズハンディ広帯域受信機とは思えないくらい素晴らしい受信感度です!

なお、「DJ-X81」と「DJ-X7」の「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」をONにした場合でも、室内ではなくベランダなどの屋外に出れば、そこそこ短波放送が受信出来ることもわかりました。「DJ-X81」と「DJ-X7」は、外部アンテナがなくても「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」だけで短波放送が受信出来るという意味ではなかなか優れた受信機だと言えます。

<結論>
短波放送が上手く受信出来ない原因は「SSB」モードに対応しているかどうかではありませんでした。原因は利用するアンテナの設定で、「内蔵短波放送受信用バーアンテナ」をOFFにして受信感度の良い外部アンテナを利用することによって、短波放送を幅広く受信することが出来ます。

短波放送の受信にはSSB対応の受信機が必要!

最近、ALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」を使って短波放送の受信を楽しんでおります。時々、受信機をALINCOのハンディ広帯域受信機「DJ-X81」に替えて短波放送の受信をするのですが、「DJ-X81」では受信出来る短波放送が極端に少ないことに気付きました。最初はALINCOのハンディ広帯域受信機のハイエンド機「DJ-X11」とミドルレンジ機「DJ-X81」の性能の違いかと思っていたのですが、あまりにも受信出来る短波放送が違いすぎるのでちょっと調べてみると、気がかりな記事が見つかりました。

ラジオNIKKEI 開局60周年特設サイト
http://www.radionikkei.jp/60th/date/20140908/

引用記事

1970年代になると、中波や短波で放送をしたいと考える国が世界中でたくさんでてきました。そのためには、限られた周波数を有効利用する必要があります。つまり、ゆずりあい=詰めあって「イス」を多く作りましょう、というものです。

中波では、それまで10kHzごとにイスを並べていたのを9kHzごとにちょっと狭くして、少しでも多くの局が放送できるようにしました。

また短波では、SSBという従来の半分の周波数帯域で放送する新たな別の方式にすることで対応しましょうと、1979(昭和54)年秋に世界無線主管庁会議(WARK)で確認され、8年後(1987年)に開催された同じ会議で、それを2015年までに全面移行しましょうと提議されました。

中波の場合は、狭くするだけで放送方式は変わらないので特段の問題にはなりませんでしたが(夜間に混信が増えやすくなったというのはあるにしても)、短波の場合は実は大問題だったのです。それは、SSBというのは従来とは異なる別の放送方式だったためです。アマチュア無線などでは使われてきましたが、これを放送にも使おうということになりました。

このSSBはいわゆる普通のラジオではちゃんとした音にならず、それに対応したラジオが新たに必要になるのです(つまりは買い替え。SSB対応機は除く)。ただ、世界的な会議で決まったのですから、それに従わざるをえません。もちろん送信機側の対応も必要です。当社ではこれを通称「2015年問題」と呼んでいました。

どうやら最近の短波放送は単にAMに対応しているだけではなく、SSBにも対応していないと受信出来ないようです。そう言えば、「DJ-X11」はAM、FM、WFM、SSB、CWに対応しておりますが、「DJ-X81」はAM、FM、WFMにしか対応しておりません。そのため、「DJ-X81」では短波放送の受信が極端に少なくなっている可能性があります。

短波放送の受信にはSSBに対応した受信機が必要です!

受信機を購入する時には注意しましょう。

とは言え、不思議なことに、「DJ-X11」で電波形式をオートモードにして短波放送を受信中、画面に表示されている電波形式は「AM」で、手動で電波形式を「LSB」や「USB」の「SSB」に変更すると、放送が聞こえなくなります。理由はこれから調べてみようと思います。

<代表の独り言>
DJ-X81」は短波放送の受信以外では良い受信機だと思います。

長中短波用受信アンテナ ApexRadio 303WA-2での短波放送受信(続報)

先日、ApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」での短波放送受信が思ったほど良くないと記事を書きましたが、その続報です。記事にも書いた2つの問題点、接続構成と設置場所を改善してみました。

まず、アンテナの設置場所を変えました。元々はベランダの低い場所にあるエアコン室外機の上に「303WA-2」を設置しておりましたが、ベランダの縁から15cmほど外側にせり出すように鉄板を置き、そこに「303WA-2」を設置しました。アンテナを設置している鉄板は念のため鉄アレイ2個で支えております。そして、MP-SMA変換ケーブルを使ってアンテナとALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」を直接接続しました。

ここまで準備をしてから「DJ-X11」で短波放送の周波数帯をスキャンすると、かなりの短波放送を受信出来ています! 日本でもこんなにたくさんの外国(中国、韓国、北朝鮮がほとんど)の短波放送が聴けるのかと驚くくらいです。その後、試しにAORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」に繋ぎ替えて短波放送の周波数帯をスキャンしてみました。一応、短波放送は受信出来ます。高めの周波数帯や、強い電波の場合は受信出来ますが、低めの周波数帯や弱い電波の場合は、「303WA-2」に軍配が上がるようです。逆に、120MHz帯エアバンド、144MHz帯や430MHz帯のアマチュアバンドについては「MA500」では良く受信出来ますが、「303WA-2」では少しは受信出来るけど、かなり心許ない感じでした。やはりアンテナには周波数に合わせて変えなければダメですね。

これで一応、「303WA-2」の受信能力については問題がないことを確認できたわけですが、上記の検証だと設置場所による問題か接続構成による問題か切り分けが出来ていないので、前回と同じ接続構成にしてみました。

[303WA-2]-[SS500]-[DMAX50]-[DJ-X11]
[MA500]

AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」とApexRadioの長中短波用受信アンテナ「303WA-2」をダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器「SS500」に繋いで1本の同軸ケーブルに集約し、その同軸ケーブルをダイヤモンド(第一電波工業)の受信用プリアンプ「DMAX50」に繋ぎ、そこから同軸ケーブルをALINCOのマルチモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11」接続しています。この状態で短波放送や120MHz帯エアバンド、144MHz帯や430MHz帯のアマチュアバンドの受信が良好に出来ましたので、接続構成には問題はなかったと言えます。よって、アンテナの設置場所が問題だったと言えます。

アンテナは障害物のない高い場所に設置しましょう!

今後は、以下のアンテナ構成で受信を楽しみます。

30kHz-30MHz:ApexRadio 303WA-2(長中短波用)
25MHz-1300MHz:AOR MA500(VHF、UHF用)