アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション受領

今日、自宅の郵便受けを見ると、銀色の封筒が入っていました。取り出してみると、「An Invitation to the Platinum Card」と書かれています。なんと、アメリカン・エキスプレスからのプラチナ・カードへのインビテーションでした。2015年9月26日にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを手にしてから1年10ヶ月。まさか私にプラチナ・カードのインビテーションが来るとは思っていませんでした。

アメリカン・エキスプレスのプラチナカードは、通常は申し込み出来ず、グリーン・カード(一般カード)やゴールド・カードの会員に申込書を送付するを招待制となっています。私は現在、以下の5枚のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

現在のゴールド・カードの布陣で十分満足していますが、プラチナ・カードに招待して貰えるということは、それだけアメリカン・エキスプレスが自分を評価してくれているようで、嬉しく思います。とは言え、年会費が13万円(+消費税)と言うのは結構高額です。その代わり、特典や保険が盛りだくさんなので、プラチナ・カードの特典を使いこなせれば元を取れるものなのかもしれません。

実は1ヶ月ほど前、9月に海外旅行に行く予定があるので、出来ればプラチナ・カードにアップグレードしたいと言うことを、サービスデスクの方に言ったことがあります。その時の話では、プラチナ・カードのインビテーションは別の部署が担当しており、インビテーションを送るかどうかは独自の審査があるので何とも言えないとの回答でした。また、ゴールド・カードからプラチナ・カードへアップグレードした場合、それまでゴールド・カードで支払っていた公共料金などは、自分で各社に対してプラチナ・カードへ切り替え手続きする必要があると言われ、その手間を考えてプラチナ・カードへの興味が薄れ、そんな話をしたことも忘れていました。

せっかく頂いたチャンスなので、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを申し込んでみようと思います。一応審査はあるようなので、否決されたらもっと修行に励みます(笑)。合格したら、国内で、海外で、活用させて頂こうと思います。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

<代表の独り言>
プラチナ・カードを有効に使えるライフスタイルを目指したいですね。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのマイル付与タイミング

先日、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を導入し、決済に利用しております。通常、アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・オンライン・サービスに利用明細が掲載されると、カード利用に伴うメンバーシップ・リワード・ポイントが付与されるのですが、私の「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」にはマイルが全く付与されておりません。

そこで、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のマイル付与タイミングについて調べてみると、デルタ航空のWebサイトにその答えが書かれておりました。

スカイマイル よくあるご質問:デルタ航空
マイルの獲得 – デルタ スカイマイル提携クレジットカード

http://ja.delta.com/content/www/en_US/support/faqs/skymiles/skymiles-faqs.html

マイルはいつ頃スカイマイル会員口座へ付与されますか?

デルタ航空便を利用して獲得されたマイルは、ご旅行完了後すぐ、また、クレジットカードを利用して獲得したマイルは、クレジットカード会社によって異なりますが、約8~12週間でお客様のスカイマイル会員口座へ加算されます。下記の表では、米国発行のクレジットカード会員および非クレジットカード会員が獲得できるマイル数、およびマイルが口座へ付与される時期をご紹介します。

マイルが付与される時期

各月の末日から8~12週間

マイルの付与までに結構時間が掛かりますね。早くデルタ・スカイマイルを獲得したい場合は、通常のアメリカン・エキスプレス・カードのメンバーシップ・リワード・ポイントをデルタ・スカイマイルに移行した方が良いですね。先日、試しにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメンバーシップ・リワード・ポイントを5,000ポイント、デルタ・スカイマイルに移行しましたが、3日程度で移行出来ました。移行先登録などの手続きが必要な初回移行で3日程度だったので、次回からはもっと早く移行出来ると思われます。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」で決済するとマイル付与まで時間が掛かり、デルタ・スカイマイルしか溜まりませんが、通常のアメリカン・エキスプレス・カードで決済すると、ポイントが早く付与され、デルタ・スカイマイル以外にもポイントの移行先が有ります。そう考えると、ポイント(マイル)の獲得は通常のアメリカン・エキスプレス・カード、ポイント(マイル)の利用は「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」経由でデルタ航空(スカイチーム)の特典を享受する、という使い方が良いのではないかと考えさせられました。

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

デルタ航空
https://ja.delta.com/

<代表の独り言>
でもデルタ航空のゴールド・メダリオン(スカイチームのエリートプラス)は大変魅力的ですね。今年こそ海外旅行に行きたいですね。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード導入

実は先日、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を導入しました。申し込みからカード受領までの流れは以下の通り。

6月20日月曜日 デルタ航空のデルタ・スカイマイルに入会
6月20日月曜日 申し込み(デスクに至急扱いを依頼)
6月22日水曜日 デルタ航空の会員ステータスがゴールド・メダリオンに変更
6月23日木曜日 カード発行案内の封書受領
6月24日金曜日 本人限定受取郵便物到着のお知らせ受領
6月24日金曜日 郵便局でカード受領

既存のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(個人、ビジネス、ANA)の会員のためか、かなりのスピード発行でした。これには正直驚きました。また、インターネットで事前に調べた情報で、カード申し込みの審査に合格するとカードが届く前にデルタ航空の会員ステータスが「ゴールド・メダリオン」に変化すると聞いていたのでこまめにチェックしていたら、本当にその通りになりました。

今回、この「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を導入した理由は、9月に海外旅行に行く可能性が出たためです。そして、この「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」に入会すると、デルタ航空のマイルが無期限で溜まり、しかもデルタ航空の上級会員資格である「ゴールド・メダリオン」が付与されるという破格の待遇が得られるからです。

航空会社の上級会員資格は、本来は実際に飛行機に乗り、1年の間に所定の搭乗回数または所定の搭乗ポイントを獲得しないと付与されません。そのため世の中には、JALの上級会員資格であるJGC(JAL GLOBAL CLUB)やANAの上級会員資格であるSFC(SUPER FLYERS CARD)を取得するために、「修行」として何回も飛行機に乗って、お金と時間を掛けて搭乗回数と搭乗ポイントを稼ぐ人もいます。しかしこの「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」に入会すれば、「修行」無しでデルタ航空の上級会員資格である「ゴールド・メダリオン」が取得出来るのです。しかも、これは日本で発行されている「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」だけの特典なのです(米国発行の同カードにはこの特典は付いていないそうです)。

では、この「ゴールド・メダリオン」があると何がお得かと言うと、優先チェックイン、優先搭乗、デルタ航空のラウンジ利用、手荷物の優先受け取り、ボーナスマイルの加算、座席のアップグレードと言った特典を受けることが出来ます。また、デルタ航空の「ゴールド・メダリオン」は、デルタ航空が所属する航空アライアンスである「スカイチーム」の上級会員資格「エリートプラス」に相当し、「スカイチーム」所属の航空会社でも特典を受けることが可能なのです。

スカイチーム・アライアンス
http://www.skyteam.com/ja/

スカイチーム加盟航空会社

デルタ航空
アエロメヒコ航空
エールフランス
大韓航空
チェコ航空
KLMオランダ航空
アエロフロート・ロシア航空
エア・ヨーロッパ
ケニア航空
中国南方航空
アリタリア・イタリア航空
タロム航空
ベトナム航空
チャイナエアライン
中国東方航空
厦門航空
アルゼンチン航空
サウディア
ミドル・イースト航空
ガルーダ・インドネシア航空

このように、「修行」無しで航空会社の上級会員資格が得られるのはかなりお得です! しかし問題は年会費と、スカイチーム所属の航空会社をどれだけ利用するかですが、これをきっかけに海外旅行をするようになれば問題ないでしょう(笑)。

なお、以前はデルタ航空から別途ゴールド・メダリオン会員証が送られて来て、利用の際はそれを空港で提示したそうですが、現在はデルタスカイマイルWebサイトやスマートフォンアプリでの会員資格の表示や、その印刷物の提示になっているそうです。

なお、私は「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を保有しており、ポイントが貯まっております。今まではANAのマイルに移行しておりましたが、今回、デルタ航空のマイルにも移行しました。これから適宜、ANAとデルタ航空のマイルに移行して行きたいと思います。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

デルタ航空
https://ja.delta.com/

<代表の独り言>
アメリカン・エキスプレスには本当に感謝です。

AMEXゴールド・カードとAMEXビジネス・ゴールド・カードのポイント合算!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下ビジネスカード)のポイントをアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下個人カード)のポイントに合算する手続きを開始しました。

私は個人カードとビジネスカードの両方を利用しております。AMEXのポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード」のポイントはそれぞれカードで付与されており、私はそのポイントを「ANAマイレージクラブ」へ移行しようと考えておりました。

先に取得した個人カードのポイントは、ポイント移行時にマイルへの換算率が良くなる有料の「メンバーシップ・リワード・プラス(1年間の参加登録費:3,000円+消費税)」と「ANAマイレージクラブ」へポイント移行する「メンバーシップ・リワード ANAコース(1年間の参加登録費:5,000円+消費税)」に登録し、既に12,000ポイントを12,000マイルに移行済みです。つまり、AMEXのポイントを1,000ポイント=1,000マイルのレートでANAのマイルに移行するためには、年間8,000円+消費税が必要という訳です。

【ポイント移行概要図1】
個人カードのポイント
↓ メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,000円+消費税)
↓ メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,000円+消費税)
ANAのマイル

一方、後から取得したビジネスカードは、ポイントは貯まっているものの、まだ「メンバーシップ・リワード・プラス」と「メンバーシップ・リワード ANAコース」の登録をしていませんでした。そこで個人カードと同じく、ANAのマイルに移行するために登録手続きをしようと思ったのですが、このまま手続きすると、ポイント移行のための費用を二重に払うことになります。

【ポイント移行概要図2】
個人カードのポイント
↓ メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,000円+消費税)
↓ メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,000円+消費税)
ANAのマイル

ビジネスカードのポイント
↓ メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,000円+消費税)
↓ メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,000円+消費税)
ANAのマイル

ポイント移行のために年間16,000円+消費税を払うのは少し負担が大きいです。それにカードの種類が違うとは言え、同じAMEXなんだから、ビジネスカードのポイントを個人カードに移行することが出来れば、追加の参加登録費が不要になるのではないかと考えました。そこでAMEXのデスクに電話して、ビジネスカードのポイントを個人カードのポイントに合算することが出来るか聞いてみたところ、可能とのことでしたので、ポイント合算の手続きをお願いしました。これにより、ポイント移行の費用を抑えることが出来ました。

【ポイント移行概要図3】
ビジネスカードのポイント
↓ 無料
個人カードのポイント
↓ メンバーシップ・リワード・プラス(年間3,000円+消費税)
↓ メンバーシップ・リワード ANAコース(年間5,000円+消費税)
ANAのマイル

ポイント合算手続き後に調べてみると、アメリカン・エキスプレス・カード・サービス「メンバーシップ・リワード」プログラム会員規約にもポイント合算について記載がありました。

アメリカン・エキスプレス・カード・サービス「メンバーシップ・リワード」プログラム会員規約

第5条
(ポイントの合算)
1.会員が基本カード会員として2枚以上の対象カードを保有する場合において、(1)当該会員から当社に対して所定の様式による申し出があったとき、または(2)当社が必要と認めたときは、各対象カードのポイントを合算して前条を適用することができるものとします。この場合、合算したポイントは2枚以上の対象カードのうち当社の指定する対象カードについて累積したポイントとしてこの規約を適用します。ただし、一部カードに関しては、この限りではありません。

2.前項の会員は、所定の様式により当社に通知して前項の合算の取り扱いを何時でも解除することができます。この場合、解除の時までに各対象カードについて生じたポイントは前項の指定に係る対象カードのポイントとし、解除の時以降に生じるポイントは各対象カードのポイントといたします。

これで安心してポイントをマイルに移行出来ます。クレジットカードが使えるところではAMEXで決済してポイントを貯めて、それをマイルに移行して、どこか遠くへ旅行に行ってみたいものです。出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

<代表の独り言>
こういうことが出来ることをAMEXはもっとアナウンスして欲しい。

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

会員限定優待サービス「クラブオフ」導入(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード特典)

福利厚生として、会員限定優待サービス「クラブオフ(Club-Off)」を導入しました。

クラブオフ(Club-Off)」は企業・法人・団体が契約する法人会員制クラブで、会員は色々なモノやサービスを会員限定の優待価格で利用できるというサービスです。クラブオフの会員は2種類あり、月会費無料のスタンダード会員と、月会費500円のVIP会員があります。VIP会員になると、スタンダード会員よりも手厚く幅広い優待を受けることが出来るほか、毎月自動的にクラブオフのポイントが500ポイント加算されるそうです。私はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの優待を使って、月会費無料でVIP会員となりました。ありがたいことです。

前述の通り、クラブオフにはポイントプログラムがあり、COA(クラブオフ アライアンス)ポイントプログラムと呼ばれています。ポイントは国内リゾート宿泊などの優待利用や、VIP会員の会員継続で貯まります。ポイントが10,000ポイント貯まると現金1万円がキャッシュバックされるそうですが、ポイントの有効期限はポイント加算日から12ヶ月とのことです。VIP会員ならそのままでも年間6,000ポイントは貯まりますが、何回か国内リゾート宿泊をしないとキャッシュバックには到達しない絶妙なポイント数ですね(笑)。

福利厚生としてこれから活用させて頂きます。

<代表の独り言>
クラブオフ、私に使いこなせるかな?

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

クラブオフ
https://www.club-off.com/aexp/