120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ ダイヤモンド D103

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」、「DJ-X81」、「DJ-X11」での受信感度向上を目指して、ダイヤモンド(第一電波工業)の120/300MHz帯エアバンド受信専用モービルアンテナ「D103」を購入しました。

受信を始めた当初は、1本のアンテナで何でも受信出来る広帯域受信用アンテナがあればよいと思っておりましたが、最近、ApexRadioの長中短波受信用アンテナ303WA-2で専用アンテナの効果を実感したので、エアバンド専用アンテナを購入してみました。「D103」のアンテナの長さは1.3m。303WA-2より短く、MA500より長い感じです。303WA-2は夜間の短波放送受信にしか使っていないので、昼間、アンテナを「D103」に交換し、2台の受信機でエアバンドの受信をしてみました。受信した結果は以下の通り。

<DJ-X11+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。

・128.8MHzの羽田ATIS
→受信ランプは点灯するものの音声は不明。

<DJ-X81+D103>
・120.5MHzの東京航空交通管制部(東京コントロール)関東西セクター
→今まで通り感度良好。しかしDJ-X11でかろうじて受信出来る微弱な電波になると受信不可。

・128.8MHzの羽田ATIS
→雑音は入るものの、音声が聞き取れるレベルで受信可能。

また、私はダイヤモンド(第一電波工業)の受信用分配器/混合器SS500を2つ使って2本のアンテナを集約し、それを2台の受信機に分配しているので、もう1本のアンテナであるAOR MA500を取り外してみると、DJ-X81でも羽田ATISの音声が聞こえなくなりました。よって、「D103」によるエアバンド受信感度向上は間違いないと言えるでしょう。

特定周波数に合わせた専用アンテナの効果をまたしても実感しました。聴きたい無線の周波数が決まっているのならば、目的の周波数に合わせた専用アンテナが一番効果的だと改めて実感しました。

ところで、上記のように同じアンテナでもDJ-X11とDJ-X81で受信感度が異っております。DJ-X11はALINCOのハンディ広帯域受信機の最上位モデルであり、DJ-X81よりも受信感度が良いものだと思っていたので、意外な結果でした。そこで調べてみると、DJ-X11はAGC(Automatic Gain Control)という機能が無効化されているため、AM音声の受信が聞き取りづらいという情報がありました。これは、ACARS(Aircraft Communications Addressing and Reporting System、エーカーズ)というエアバンドを受信して航空機の位置情報などを表示するPCソフトウェアがあり、このACARSの地図上に航空機の位置情報を表示するためには、受信機で受信した情報を解析(デコード)する必要があり、その解析率を上げるためにAGCを無効化しているそうです。そのため、ACARSは使わないが、エアバンドの音声をより受信したいというユーザーの要望に応じて、ALINCOではDJ-X11のAGCを有効化してAM音声を聞き取り易くし、周波数メモリーをエアバンド関連で網羅したエアバンド仕様の「DJ-X11A」という機種も販売しているそうです(ACARS用プロットデータの解析率は30%ほど劣るとのこと)。また、ALINCOにてDJ-X11をDJ-X11Aに改造するサービスも行っているそうです(有料)。DJ-X11をDJ-X11Aに有料で改造して貰うか、DJ-X11Aを追加購入するか、悩むところです。

<代表の独り言>
D103」はアンテナ単体なので、別途基台が必要です。

144/430MHz帯マグネットマウントアンテナ ダイヤモンド MR77B

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」と「DJ-X81」での受信感度向上を目指して、ダイヤモンド(第一電波工業)の144/430MHz帯マグネットマウントアンテナ「MR77B」を購入しました。マグネット基台付きの、アマチュア無線の144MHz帯と430MHz帯に対応したアンテナです。このアンテナは受信専用ではないので、無線機に接続すれば送信にも使えます。取り敢えず、アマチュア無線の144MHz帯と430MHz帯をしっかり確実に受信したいために、この帯域に対応した専用アンテナを購入してみました。

マグネット基台の直径は約6.5cm、アンテナの長さはマグネット基台を含めて約50cm、マグネット基台から伸びる同軸ケーブルは太さ約5mmで長さ約4m。エレメントベースとマグネット基台のねじ込み接栓は、サイズはSMA型のような感じですが、芯線のようなものが無いただのネジ込みです。マグネット基台から伸びている同軸ケーブルの端子はBNCオスで、受信機のアンテナ端子はSMAメスなので、BNCメス-SMAオス変換コネクタを使って受信機に接続します。

早速、20cm×30cm×1.6mmの鉄板にアンテナを立ててからベランダに出し、同軸ケーブルを受信機に接続してアマチュアバンド(144MHz帯/430MHz帯)とエアバンド(120.5MHz)の受信をしました。受信感度は概ね良好です。不満は特にありません。

強いて要望を言えば、エレメントベースとマグネット基台のねじ込み接栓を、M型またはBNC型にして欲しかったです。と言うのも、エレメントベースとマグネット基台の間に接続するタイプの受信感度アップ用ラジアルアンテナなどがあり、その接栓がM型になっているためです。せめてBNC型なら変換コネクタで何とかなりそうです。しかしアンテナを支える強度と、マグネット基台に他のアンテナを差し替えて使う汎用性を考えると、M型の方が良いと思いました。もしかするとダイヤモンド(第一電波工業)のWebサイトで製品情報を確認すれば、そういうアンテナもあるのかもしれません。購入前にしっかり確認するべきでした。

これで保有するマグネット基台アンテナは3本になりました。時々アンテナを替えて、受信感度がどのように変わるか比較し、アンテナの受信特性を見極めたいと思います。そして状況に合ったアンテナで受信を楽しめるようにしたいと思います。

広帯域受信用モービルアンテナ AOR MA500

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」と「DJ-X81」での受信感度向上を目指して、AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」を購入しました。マグネット基台付きの25-1300MHzの受信に対応した広帯域受信用アンテナです。

マグネット基台の直径は約9cm、アンテナの長さはマグネット基台を含めて約70cm、マグネット基台から伸びる同軸ケーブルは太さ約5mmで長さ約4m。エレメントベースの端子はMP(M型コネクタのオス)で、マグネット基台の端子はMJ(M型コネクタのメス)です。マグネット基台から伸びている同軸ケーブルの端子はBNCオスで、受信機のアンテナ端子はSMAメスなので、BNCメス-SMAオス変換コネクタを使って受信機に接続します。

早速、20cm×30cm×1.6mmの鉄板にアンテナを立ててからベランダに出し、同軸ケーブルを受信機に接続してアマチュアバンド(144MHz帯/430MHz帯)とエアバンド(120.5MHz)の受信をしましたが、先日購入したノーブランドのモービルホイップアンテナよりも受信感度が良くありません。同じ周波数を受信機2台で別々のアンテナを受信しましたが、ノーブランドの方は受信出来るのに「MA500」では受信出来ないことがあります。そこで、マグネット基台とエレメントベース(アンテナの取り付け部分)の接触(導通)が良くないのかと考え、マグネット基台側のねじ込み部の塗装が剥げて金属光沢が出るまで何度もねじ込んだり緩めたりしたところ、エアバンド(120.5MHz)についてはノーブランドのアンテナと同じくらい受信感度が良くなりました。しかし、アマチュアバンド(144MHz帯/430MHz帯)の方は受信感度が良くありません。もしかすると、このアンテナはアマチュアバンド(144MHz帯/430MHz帯)の受信に向いていないのかもしれません。

アンテナの長さは受信する電波の波長によって違います。AORの広帯域受信用モービルアンテナ「MA500」は25-2000MHzの受信に対応していると書かれており、これだけの周波数をカバーしているなら、どんな周波数の電波でも受信出来そうな感じですが、広帯域受信用のアンテナは広く浅く受信は出来るけど、特定の周波数帯をしっかり受信しようと思ったら、その周波数帯に適したアンテナを使うことが好ましいようです。と言う訳で、近々、アマチュアバンド用とエアバンド用のモービルアンテナを購入して、受信感度を比べてみようと思います。

マグネット基台モービルホイップアンテナ購入

ALINCO製ハンディ広帯域受信機「DJ-X7」と「DJ-X81」での受信感度向上を目指して、マグネット基台モービルホイップアンテナを購入しました。25-1300MHzの受信に対応した広帯域受信アンテナです。

マグネット基台の直径は約4cm、アンテナの長さはマグネット基台を含めて約42.5cm、マグネット基台から伸びる同軸ケーブルは太さ約3mmで長さ約3m。同軸ケーブルの端子はBNCオスで、受信機のアンテナ端子はSMAメスなので、BNCメス-SMAオス変換コネクタを使って受信機に接続します。

マグネット基台モービルホイップアンテナを自宅で使う時は、ベランダの物干し竿にマグネット基台を逆さまにくっつけてぶら下げて、同軸ケーブルを細めに開けた窓のアルミサッシの隙間を通して室内に引き込み、受信機に接続しています。受信感度はダイヤモンド(第一電波工業)やコメットのロッドアンテナよりも一見良好に見えます。ロッドアンテナを接続した「DJ-X81」とマグネット基台モービルホイップアンテナを接続した「DJ-X7」を室内に並べて同じ周波数を受信すると、「DJ-X7」の方が受信感度が良いのです。しかしこの受信感度の差は、アンテナの性能と言うよりも、アンテナを屋外に設置していることによるものでは無いかと考えられます。そのうちしっかり検証したいと思います。

あと、今の時期(冬)に窓の隙間から同軸ケーブルを通すような設置方法でマグネット基台モービルホイップアンテナを利用すると、窓からの隙間風が寒く感じます。ですので今は受信する時だけアンテナを外に設置しています。アンテナを屋外に固定して設置するのならば、アルミサッシを閉めてもその隙間を通せる薄型同軸ケーブルを使うか、エアコンダクトなどに追加の穴を開けて同軸ケーブルを通した方が良いと思います。

マグネット基台モービルホイップアンテナは「モービル」の名の通り、本来は自動車の屋根に設置して利用するものです。さすがに走行中にまで受信しようとは思いませんが、ドライブに行った先の駐車場で自動車の屋根にマグネット基台モービルホイップアンテナを立てて無線の受信をしたら、受信感度も良好で楽しいのではないかと思います。次回やってみたいと思います。楽しみです。

<代表の独り言>
自動車はレンタカーですけど・・・。

【企画番号:20160706-001】ハイブリッド車および電気自動車向け対歩行者用静音警音器

<企画番号>
20160706-001

<企画名>
ハイブリッド車および電気自動車向け対歩行者用静音警音器

<概要>
ここ数年増加しているハイブリッド車と電気自動車。通常のガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車の場合、エンジン音で歩行者に自動車の接近を気付いて貰えますが、ハイブリッド車や電気自動車はエンジン音がほとんどないため、歩行者に自動車の接近が気付かれにくい状況になっております。とは言え、自動車の接近を気付かせるために警音器(警笛、クラクション)を鳴らすと非常に大きな音がする他、使い方によっては道路交通法違反や、思わぬトラブルに発展する可能性があります。そこで、通常の警音器に加えて、音の穏やかな対歩行者用の静音警音器を追加で装備することにより、歩行者へ自動車の接近を穏やかに気付かせることが出来ます。

<企画提案対象>
1.自動車メーカー
2.自動車部品メーカー

<収益化方法>
1.自動車メーカー
・新車販売時に純正オプションとして収益化を図る。

2.自動車部品メーカー
・未装備車への後付けオプションとして収益化を図る。

<セールスポイント>
歩行者に対して威圧的ではない、穏やかな音で自動車の接近を気付かせることにより、事故と警音器使用に伴うトラブルを防止し、スムーズで平和的な交通を実現します。特に生活道路で効果的であると考えられます。また、ハイブリッド車や電気自動車だけではなく、既存のガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車に取り付けることにより、同様の効果が得られます。

<リスク>
警音器(クラクション)の仕様は道路運送車両法、使用方法は道路交通法にて定められているので、現状、本提案は違法な物となります。そのため、本提案を実現する前に、道路運送車両法に定める警音器の仕様と道路交通法に定める警音器の使用方法を変更するように所轄官庁または政治家に働きかける必要があります。

<必要資金>
---万円程度(大まかな見積金額)

<既存サービス存在有無>

<企画売買状況>
販売中

<企画事業者>
ユナイテッドモナーク

<企画担当者>
本山秀男

本企画の著作権はユナイテッドモナークに属しております。本企画の事業化に興味がある方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。また、企画の販売も行っておりますので、本Webサイトに掲載している企画を買い取りしたい方はユナイテッドモナークまでお問い合せ下さい。

ユナイテッドモナーク お問い合せ
http://united-monarch.biz/info.html