アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション受領(続報)

先ほど、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションを受領したことを書きましたが、申込書を記入しつつ、確認したいことがあったので、アメリカン・エキスプレスのゴールド・カード・デスクに電話をしました。確認事項は以下の通りです。

1.公共料金の支払い
電気、ガス、水道、電話、携帯電話などの公共料金の支払いは、新たな手続きなくそのままプラチナ・カードへ移行出来るそうです。ただし、インターネットサービスなどについては、暫くはそのまま使えるけど、プラチナ・カードへの切り替え手続きが必要とのこと。

2.ETCカード
現在のカードがそのまま使えるとのこと。

3.AMEX QUICPay
現在の設定がそのまま使えるとのこと。

4.JR東海プラスEXサービス
新たに申し込む必要があるとのこと。

5.プライオリティ・パス
現在のゴールド・カード付帯のカードはスタンダード会員(AMEX特典で年2回まで無料で利用可能)で、プラチナ・カード付帯のカードはプレステージ会員なので、新たに申し込む必要があるとのこと。なお、スタンダード会員のカードはプライオリティ・パスに対して解約手続きをする必要はなく、破棄すれば良いとのこと。

6.家族カード
新たに申し込む必要があるとのこと。本人カードと同時に家族カードも申し込むことが出来るが、先に本人カードを送付して受領が確認出来てから、家族カードを発送するとのこと。

7.メンバーシップ・リワード・ポイント
引き継がれるとのこと(当然ですが)。また、複数カードのポイント合算設定もそのまま引き継がれるとのこと(ANAなどの提携カードを除く)。

8月中旬に帰省、9月中旬に海外旅行を控えており、これから申込書を投函するが、出来るだけ早く審査をお願いしたい旨を伝えたところ、担当の方が、申込書だと時間が掛かるので、この電話で申し込みを受け付けますと言ってくれました。そのため、申込書の送付は不要となりました。ありがたいことです。とは言え、審査があるのでどうなるか分かりません。担当の方には、期待して待っていますと言って電話を切りました(笑)。

アメリカン・エキスプレス・カードのデスクの対応は本当に良くやってくれます。いつも助かります。あとは結果を待つのみです。プラチナ・カードの申し込み、吉と出るか、凶と出るか・・・。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション受領

今日、自宅の郵便受けを見ると、銀色の封筒が入っていました。取り出してみると、「An Invitation to the Platinum Card」と書かれています。なんと、アメリカン・エキスプレスからのプラチナ・カードへのインビテーションでした。2015年9月26日にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを手にしてから1年10ヶ月。まさか私にプラチナ・カードのインビテーションが来るとは思っていませんでした。

アメリカン・エキスプレスのプラチナカードは、通常は申し込み出来ず、グリーン・カード(一般カード)やゴールド・カードの会員に申込書を送付するを招待制となっています。私は現在、以下の5枚のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

現在のゴールド・カードの布陣で十分満足していますが、プラチナ・カードに招待して貰えるということは、それだけアメリカン・エキスプレスが自分を評価してくれているようで、嬉しく思います。とは言え、年会費が13万円(+消費税)と言うのは結構高額です。その代わり、特典や保険が盛りだくさんなので、プラチナ・カードの特典を使いこなせれば元を取れるものなのかもしれません。

実は1ヶ月ほど前、9月に海外旅行に行く予定があるので、出来ればプラチナ・カードにアップグレードしたいと言うことを、サービスデスクの方に言ったことがあります。その時の話では、プラチナ・カードのインビテーションは別の部署が担当しており、インビテーションを送るかどうかは独自の審査があるので何とも言えないとの回答でした。また、ゴールド・カードからプラチナ・カードへアップグレードした場合、それまでゴールド・カードで支払っていた公共料金などは、自分で各社に対してプラチナ・カードへ切り替え手続きする必要があると言われ、その手間を考えてプラチナ・カードへの興味が薄れ、そんな話をしたことも忘れていました。

せっかく頂いたチャンスなので、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを申し込んでみようと思います。一応審査はあるようなので、否決されたらもっと修行に励みます(笑)。合格したら、国内で、海外で、活用させて頂こうと思います。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

<代表の独り言>
プラチナ・カードを有効に使えるライフスタイルを目指したいですね。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのマイル付与タイミング

先日、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を導入し、決済に利用しております。通常、アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・オンライン・サービスに利用明細が掲載されると、カード利用に伴うメンバーシップ・リワード・ポイントが付与されるのですが、私の「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」にはマイルが全く付与されておりません。

そこで、「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のマイル付与タイミングについて調べてみると、デルタ航空のWebサイトにその答えが書かれておりました。

スカイマイル よくあるご質問:デルタ航空
マイルの獲得 – デルタ スカイマイル提携クレジットカード

http://ja.delta.com/content/www/en_US/support/faqs/skymiles/skymiles-faqs.html

マイルはいつ頃スカイマイル会員口座へ付与されますか?

デルタ航空便を利用して獲得されたマイルは、ご旅行完了後すぐ、また、クレジットカードを利用して獲得したマイルは、クレジットカード会社によって異なりますが、約8~12週間でお客様のスカイマイル会員口座へ加算されます。下記の表では、米国発行のクレジットカード会員および非クレジットカード会員が獲得できるマイル数、およびマイルが口座へ付与される時期をご紹介します。

マイルが付与される時期

各月の末日から8~12週間

マイルの付与までに結構時間が掛かりますね。早くデルタ・スカイマイルを獲得したい場合は、通常のアメリカン・エキスプレス・カードのメンバーシップ・リワード・ポイントをデルタ・スカイマイルに移行した方が良いですね。先日、試しにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメンバーシップ・リワード・ポイントを5,000ポイント、デルタ・スカイマイルに移行しましたが、3日程度で移行出来ました。移行先登録などの手続きが必要な初回移行で3日程度だったので、次回からはもっと早く移行出来ると思われます。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」で決済するとマイル付与まで時間が掛かり、デルタ・スカイマイルしか溜まりませんが、通常のアメリカン・エキスプレス・カードで決済すると、ポイントが早く付与され、デルタ・スカイマイル以外にもポイントの移行先が有ります。そう考えると、ポイント(マイル)の獲得は通常のアメリカン・エキスプレス・カード、ポイント(マイル)の利用は「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」経由でデルタ航空(スカイチーム)の特典を享受する、という使い方が良いのではないかと考えさせられました。

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

デルタ航空
https://ja.delta.com/

<代表の独り言>
でもデルタ航空のゴールド・メダリオン(スカイチームのエリートプラス)は大変魅力的ですね。今年こそ海外旅行に行きたいですね。

私のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費

私は合計3枚のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有しています。保有するアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費がいくらになるか計算してみました。

●アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 年会費29,000円+消費税(8%)2,320円=31,320円

●アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
 年会費26,000円+消費税(8%)2,080円=28,080円
 
●ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 年会費31,000円+消費税(8%)2,480円=33,480円

合計92,880円!

調子に乗って次々とアメリカン・エキスプレス・カードを作ってしまいましたが、合計するとその年会費の高さに驚きますね。なお、私は保有していませんが、ゴールドの上位であるプラチナやセンチュリオン(通称ブラック)の年会費は以下の通りです。

●アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
 年会費130,000円+消費税(8%)10,400円=140,400円

●アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
 年会費350,000円+消費税(8%)28,000円=378,000円
 ※入会金:500,000円+消費税(8%)40,000円=540,000円

プラチナとセンチュリオンは別格ですね。普通の人だと仮に入会出来ても維持するのが大変そうです。やはりプラチナやセンチュリオンはそういう維持費が苦にならない人が保有するのが相応しいと言うことでしょう。私は今保有しているゴールドを大切に使いたいと思います。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード導入

先日、プレスリリースしましたが、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の審査に合格しました。その「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」がようやく手元に届きました。申し込みからカード受領までの流れは以下の通り。

2月23日火曜日 申し込み
3月07日月曜日 デスクに至急扱いを依頼
3月10日木曜日 カード発行案内の封書受領
3月11日金曜日 本人限定受取郵便物到着のお知らせ受領
3月11日金曜日 郵便局でカード受領

届いた「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、なかなか格好いいデザインです! プロパーの個人用ゴールド・カードやビジネス・ゴールド・カードよりも券面の色合いが濃いめで、重厚な雰囲気を醸し出しております。

カードを受領したその日のうちにカード裏面にサインを書き、電話用暗証番号設定、AMEXとANAのオンライン・サービスの登録を行いました。あと、本来は時間外ですがカードデスクに電話して、JRの券売機などで使用する暗証番号を変更するための用紙の発送を依頼しました。なお、目安額は平日日中帯でないと担当部署が開いていないので分からないとのことでした。そして翌3月12日土曜日に預金口座振替依頼書を記入してポストに投函しました。目安額は不明ですが、取り敢えず使える状態にはなりました。

たしか入会キャンペーンで、入会でAMEXからボーナス10,000ポイント(受領済)、ANAからボーナス2,000マイル、入会から3ヶ月間は100万円の利用までポイント3倍、3ヶ月間で100万円の利用を達成すると達成ボーナスとして10,000ポイント貰えるようなので、暫くは「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」をメインに決済していこうと思います。出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

ANA
https://www.ana.co.jp/

<代表の独り言>
アメリカン・エキスプレスには本当に感謝です。