アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーション受領(続報)

先ほど、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのインビテーションを受領したことを書きましたが、申込書を記入しつつ、確認したいことがあったので、アメリカン・エキスプレスのゴールド・カード・デスクに電話をしました。確認事項は以下の通りです。

1.公共料金の支払い
電気、ガス、水道、電話、携帯電話などの公共料金の支払いは、新たな手続きなくそのままプラチナ・カードへ移行出来るそうです。ただし、インターネットサービスなどについては、暫くはそのまま使えるけど、プラチナ・カードへの切り替え手続きが必要とのこと。

2.ETCカード
現在のカードがそのまま使えるとのこと。

3.AMEX QUICPay
現在の設定がそのまま使えるとのこと。

4.JR東海プラスEXサービス
新たに申し込む必要があるとのこと。

5.プライオリティ・パス
現在のゴールド・カード付帯のカードはスタンダード会員(AMEX特典で年2回まで無料で利用可能)で、プラチナ・カード付帯のカードはプレステージ会員なので、新たに申し込む必要があるとのこと。なお、スタンダード会員のカードはプライオリティ・パスに対して解約手続きをする必要はなく、破棄すれば良いとのこと。

6.家族カード
新たに申し込む必要があるとのこと。本人カードと同時に家族カードも申し込むことが出来るが、先に本人カードを送付して受領が確認出来てから、家族カードを発送するとのこと。

7.メンバーシップ・リワード・ポイント
引き継がれるとのこと(当然ですが)。また、複数カードのポイント合算設定もそのまま引き継がれるとのこと(ANAなどの提携カードを除く)。

8月中旬に帰省、9月中旬に海外旅行を控えており、これから申込書を投函するが、出来るだけ早く審査をお願いしたい旨を伝えたところ、担当の方が、申込書だと時間が掛かるので、この電話で申し込みを受け付けますと言ってくれました。そのため、申込書の送付は不要となりました。ありがたいことです。とは言え、審査があるのでどうなるか分かりません。担当の方には、期待して待っていますと言って電話を切りました(笑)。

アメリカン・エキスプレス・カードのデスクの対応は本当に良くやってくれます。いつも助かります。あとは結果を待つのみです。プラチナ・カードの申し込み、吉と出るか、凶と出るか・・・。

出かける時は忘れずに。アメリカン・エキスプレス・カード!

アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/japan/

ETCスルーカード導入

本日、福利厚生として「JCB一般カード」の付属カード「ETCスルーカード」を導入しました。

このETCカードは、6月2日金曜日に申し込み、6月7日水曜日にヤマト運輸の不在通知があり、本日6月9日金曜日にヤマト運輸のセキュリティ・パッケージで到着しました。なかなかのスピード発行です。

普段は「アメリカン・エキスプレス・ETCカード」を利用しておりますが、サブカードとしてこの「ETCスルーカード」も大切に使って、信用情報、クレジットヒストリーを育てていこうと思います。

<代表の独り言>
大切に使いたいと思います。

JCBカード
http://www.jcb.co.jp/

三井住友ETCカード導入

先日、福利厚生として「三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)」の付属カード「三井住友ETCカード」を導入しました。

このETCカードは、5月18日木曜日に「三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)」を申し込んだ時に同時に申し込み、5月24日水曜日に「三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)」と一緒に簡易書留で到着しました。

普段は「アメリカン・エキスプレス・ETCカード」を利用しておりますが、サブカードとしてこの「三井住友ETCカード」も大切に使って、信用情報、クレジットヒストリーを育てていこうと思います。

<代表の独り言>
大切に使いたいと思います。

三井住友カード
https://www.smbc-card.com/

VJタクシーチケット導入

先日、三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)を手にしましたので、三井住友カードが発行しているタクシーチケット「VJタクシーチケット」を導入しました。20枚綴りで、複写式になっており、1枚で9,999円まで利用出来、それを超える場合は1度に3枚29,997円まで利用出来ます。発行手数料は税抜300円(+消費税)ですが、三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカード、エグゼクティブカード、法人ゴールド会員は発行手数料無料となっています。

今はタクシー料金の支払いに電子マネーやクレジットカードが使えますが、私が就職した頃(約20年前)は、現金かタクシーチケットしか使えませんでした。私は若い頃、JCBのNEXUS(ネクサス)というヤングゴールドカードを持っていたので、JCBタクシーチケットを使っていました。自分のタクシー利用でも使いましたが、仕事が夜遅くなった時に部下渡して使わせたこともあります。なお、JCBのNEXUSはその後解約し、しばらくの間タクシーチケットは使っていなかったので、久しぶりのタクシーチケット導入です。

日常のタクシー利用は、近距離は電子マネー、遠距離はクレジットカードで支払っていますが、接待の時や、誰か大切な人をタクシーで送迎したい時にタクシーチケットを利用したいと思います。あと、電波の状態が悪くて電子マネーやクレジットカードが使えない時や、電子マネーやクレジットカードに対応していない地方都市でもタクシーチケットなら使えるという利点があります。有効に使おうと思います。

三井住友カード VJタクシーチケット
http://www.smbc-card.com/mem/service/li/kokunai_taxi.jsp

<代表の独り言>
取り敢えず2冊(20枚×2冊)を注文して受け取りました。

三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)導入

三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)を導入しました。
申し込みからカード受領までの流れは以下の通り。

5月18日木曜日 Webサイトから申し込み
5月18日木曜日 三井住友カードのWebサイトにて可決確認
5月18日木曜日 カード発行のメール受領
5月24日水曜日 簡易書留でカード受領

VISAとMasterCardとETCカードがそれぞれ別の簡易書留で同時に届きました。申し込みからカード受領までは、dカード GOLD、Amazon MasterCard ゴールドと同じく申し込みからちょうど6日でした。

届いたVISAとMasterCardを並べてみると、同じゴールドカードでも金色の感じが違うのですね。VISAはローズゴールド、MasterCardはイエローゴールドといった感じです。そしてカード表面には、三井住友カードの象徴である、誰もがひれ伏し土下座すると言われるパルテノン神殿が輝いています(笑)。三井住友カードは昔からこのデザインを変えませんが、デザインを変えないというのは、ブランドを定着させる上で大切だと思います。アメリカン・エキスプレス・カードや三井住友カードはその辺しっかりしていて、基本的なデザインはずっと変えないため、誰が見ても直ぐに認識出来ます。一方でJCBカードは数年毎にデザインを変更しています。一説によると、偽造防止のためにデザインを変更しているという話もあります。でもそもそものデザインがいまいちな感じがします(笑)。

ただ、ちょっと気になることがあります。私が保有するクレジットカードの有効期限は全部5年間なのに、三井住友ゴールドカードだけなぜか2年なのです。もしかすると、入会して直ぐだったり、信用力が低く見られると、有効期限が短くなるのかもしれません。とは言え、クレジットカードを長く使っていると結構ボロボロになってくるので、綺麗なカードに早く交換して貰えるサービスであると思うことにします(笑)。

社会人になった頃、就職した会社の社長や、ビジネスパートナーの社長が三井住友VISAゴールドカードを使っていました。新入社員だった私はそれを見て、三井住友ゴールドカードに憧れたものでした。そして、いつかは私も三井住友ゴールドカードが欲しいと思っていました。その夢が今ようやく叶いました。三井住友ゴールドカード、大切に使っていきたいと思います。

三井住友カード
https://www.smbc-card.com/

<代表の独り言>
次はJCBゴールドカード(Original Series)に挑戦だな。