日本水難救済会に寄付を実施(20170531)

私は公益社団法人日本水難救済会(マリン・レスキュー・ジャパン)の賛助会員として、毎年年会費を払っておりますが、本日は届いたばかりのJCB一般カードの決済確認も兼ねて、スポット(単発)で日本水難救済会の「青い羽根募金」に寄付を行いました。日本水難救済会のWebサイトからクレジットカード払いで簡単に寄付出来ます。

公益社団法人日本水難救済会(マリン・レスキュー・ジャパン)
http://www.mrj.or.jp/

あと、ついでにJCB一般カードで、毎月自動的に募金する「月額課金」の設定も行いました。これで毎月忘れずに、自動的に募金して、社会貢献することが出来ます。

少なくとも私が事業者である間は、ノブレス・オブリージュとして、寄付を通じて出来る限り社会貢献したいと考えております。些少ではありますが、お役に立てれば幸いです。

ロータリー日本財団の年次基金へ寄付を実施(20170531)

以前から社会貢献として公益財団法人ロータリー日本財団の「年次基金」へ定期的な寄付をしておりますが、今回は、新しく導入した「JCB一般カード」の決済確認を兼ねて、ロータリー日本財団の「年次基金」へスポット(単発)の寄付と、毎月の定期寄付の設定を行いました。

公益財団法人ロータリー日本財団
http://piif-rfj.org/

少なくとも私が事業者である間は、ノブレス・オブリージュとして、出来る限り寄付を通じて社会貢献したいと考えております。些少ではありますが、お役に立てれば幸いです。

Rotary International
https://www.rotary.org/ja

JCB一般カード導入

JCB一般カードを導入しました。
申し込みからカード受領までの流れは以下の通り。

5月23日火曜日 JCBゴールドカードをWebサイトから申し込み
5月25日木曜日 JCBゴールドカード否決、JCB一般カード発行のメール受領
5月31日水曜日 ヤマト運輸のセキュリティパックでカード受領

以前記事に書いた通り、JCBゴールドカードを申し込んだものの否決され、JCB一般カードの発行となりました。1ヶ月間にdカード GOLD、Amazon MasterCard ゴールド、三井住友ゴールドカード(VISA/MasterCard)と4枚のクレジットカードを作成した状態でJCBゴールドカードを申し込んだので、仕方がないと言えるかもしれません。

届いたJCB一般カードを見ると、カード表面の色は銀色と言うより、薄い金色っぽい銀色、薄いシャンパンゴールドと言った感じです。ですので、他のゴールカードと一緒に財布に入れていても、全く違和感がありません。あと、カード裏面の磁気ストライプはホログラムになっています。この辺はさすがJCBと言ったところでしょうか。限度額は20万円と渋め。これから信用を積み重ねて、限度額のアップと、JCBゴールドカードへのアップグレードを狙いたいと思います。

JCBカード
http://www.jcb.co.jp/

広帯域受信用ワイヤーアンテナ(メーカー不明)

最近は受信に必要なアンテナも各周波数帯でだいぶ揃ってきました。もうアンテナはこれ以上いらないかなと思っていましたが、Amazonでメーカー不明の「広帯域受信用ワイヤーアンテナ」を見つけました。大まかなスペックは以下の通りです。

【受信周波数帯】25-1300MHz
【長さ】3m(アンテナ部分は60cm)
【接栓】BNC型

このワイヤーアンテナは、太さ3mm、長さ3mの同軸ケーブルの先端60cmだけ保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、絶縁体(ポリエチレン)に包まれた内部導体(銅線)を出したものです。片側はBNC接栓になっています。一応、窓に貼り付けられるように、吸盤が2個付いていましたが、これは外しました。ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのアンテナを接続して、ベランダでワイヤーアンテナを垂らしたり、手に持って色々な方向に向けて、色々な周波数を受信した結果は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 方向が合えば聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 方向が合えば聞こえました(128.8MHzの羽田ATISも)。

・150MHz帯国際VHF
 方向が合えば聞こえました。

・アマチュアバンド
 交信がなかったのか確認出来ず。

こんな変なアンテナ(?)で受信出来るのかと思いましたが、予想以上に受信出来ました。ただ、若干の指向性があります。そのため、方向が合えば受信出来ますが、方向が合わないと受信出来ません。あと、今は60cmしかアンテナ部分がありませんが、同軸ケーブル全体の保護被覆(ビニル)と外部導体(網組み銅線)を剥がして、3m全てをワイヤーアンテナ化してみようと計画中です。3mのワイヤーアンテナを別の同軸ケーブルを経由して受信機に接続し、ベランダから垂らしたり、ポールに結びつけて設置し、受信感度がどのように変化するか実験予定です。3mのワイヤーアンテナを作るため、現在、同じワイヤーアンテナをもう1本注文しております。到着が楽しみです。

<代表の独り言>
ただの同軸ケーブルを剥くだけでアンテナになるんですね!

高感度新ダイポール型アンテナ ITAX RTS-858

最近は受信に必要なアンテナも各周波数帯でだいぶ揃ってきました。もうアンテナはこれ以上いらないかなと思っていましたが、楽天市場で「高感度新ダイポール型アンテナ ITAX RTS-858」というアンテナを見つけました。ITAX(アイタックス)という会社の製品のようです。大まかなスペックは以下の通りです。

【受信周波数帯】76-900MHz
【エレメント長】13cm-46cm
【接栓】BNC型

このダイポール型アンテナはハンディサイズで、全長15cm位の直方体のアンテナベース左右に2本エレメント(ロッドアンテナ)が付いており、アンテナベース下部に同軸ケーブルを接続するためのBNCコネクタが付いているものです。アンテナベース上部にはぶら下げるためのフックが付いています。エレメントは伸ばしたり、角度を変えたり出来るので、V字型、逆V字型、そして水平にすることが出来ます。ALINCOのオールモードハンディ広帯域受信機「DJ-X11A」にこのアンテナを接続して、ベランダでアンテナベースを手に持って色々な方向に向けて、色々な周波数を受信した結果は以下の通りです。

・AMラジオ放送
 594kHzのNHKラジオ第1:良く聞こえました。
 693kHzのNHKラジオ第2:良く聞こえました。
 810kHzのAFN:良く聞こえました。
 954kHzのTBSラジオ:良く聞こえました。

・短波放送
 方向が合えば聞こえました。

・FMラジオ放送
 80.0MHzのTOKYO FM:良く聞こえました。
 81.3MHzのJ-WAVE:良く聞こえました。
 82.5MHzのNHK-FM:良く聞こえました。

・120MHz帯エアバンド
 方向が合えば聞こえました(128.8MHzの羽田ATISも)。

・150MHz帯国際VHF
 方向が合えば聞こえました。

・アマチュアバンド
 方向が合えば少し聞こえました。

基本的にアンテナをV字型にして使いましたが、垂直に立てるよりも、水平に寝かせた方が受信感度が良くなる感じです。あと、かなり指向性があります。そのため、方向が合えばかなり高感度で受信出来ますが、方向が合わないと全く受信出来ません。こういう指向性の強いアンテナはフォックスハンティングや盗聴器の発見に威力を発揮しそうです。面白いアンテナです。